PhoneGap Buildで作るスマートフォン用カメラアプリ

config.xmlの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PhoneGap Buildを使った開発を行う際に必要なConfigファイルの設定方法について解説致します。
講師:
05:25

字幕

このレッスンでは「PhoneGap Build」 を使った開発を行う際に必要な 「config」ファイルの設定方法について 解説します まずはダウンロードしてきた こちらの「config」 というフォルダの中に入っている 「www」の フォルダの中にあるこちらの 「config.xml」 こちらのファイルをエディタで開いてください そしてこれが そのファイルを開いた状態です このファイルを使いながら今回のレッスンの 解説を進めていきたいと思います それでは早速レッスンを始めていきましょう この「config_xml」ファイルですが 「PhoneGap Build」を使って アプリを制作する際に 様々な設定を行うことができる ファイルとなっています 例えば「アプリ名」や 「アプリの説明」 といった基本的な情報から アプリの機能を 有効化したり無効化したりする機能 といったことにまで使われます 今回はカメラアプリを制作していくにあたり 変更しておきたい部分について 解説していきたいと思います まずは こちらの部分 この<name>というタグですね こちらは「アプリ名」を 設定する箇所になります ですので 今回は こちらのタグの間に 「Camera」と書いています そして次に こちらの <description>タグ こちらの部分はアプリの説明を 記述する為の部分です こちらの部分には 「PhoneGap Buildでスマートフォン用 カメラアプリを作ろう」 という形にしています そして その下 こちらの<author> というタグの部分ですが この部分ではそのアプリの 制作者の情報を書いておきます 今回はサンプルのアプリとなりますので デフォルトの状態のままにしておきます そして少し下がって こちらの部分です こちらの部分 現在は コメントアウトをしていますが デフォルトの状態では こちらはコメントアウトされていない 状態となっています この部分 つまりは 「name="permissions"」 といった属性を持った この<preference>というタグですが このタグはアプリの機能を 許可したり 許可しなかったり といった制御を行う為のものです このタグを有効化しておくと アプリが端末にアクセスする機能 すべてを 不許可にすることができます 今回はコメントアウトで このタグを無効化しているので このアプリでは端末の機能に アクセスできるといった設定になっています このようにしておかないと カメラの機能に アプリからアクセスすることが できなくなってしまうからです それでは次を見ていきましょう 次はこちらの部分です こちらの部分では 利用するPhoneGapのバージョン を記しておきます 前回のレッスンでダウンロード してきたファイルのままですと 古いバージョンが設定されている 場合がありますので 最新版のバージョンを確認して こちらにそのバージョン番号を 入れておくようにしておきましょう そして次はこちらの部分です こちらの部分では これから制作していくアプリの 端末の向き を制御することができます 今回はこちらの「value」の値に 「"portrait"」と書いているので 縦長のアプリにしますよ という意味になります 他にも横長のアプリにしたい ということであれば 「"landscape"」という風に 指定することができます そして次に こちらのタグ こちらのタグでは この制作していくアプリを どういった種類の端末に対応させるか ということを指定することができます ここには「"handset"」と書いていますね 「"hanset"」にすることでスマートフォン用 のアプリにすることができます 他にもスマートフォンやタブレット 両方に対応させるための 「"universal"」というものを 指定することができます そして次に こちらの部分を 見てみたいと思います こちらは「name="webviewbounce"」 と書いていますね ここの「value」の値を 「"true"」にしておくと アプリをスクロールさせたときに 例えばアプリを一番下までスクロールさせて さらにその下までスクロールさせようとすると アプリの画面自体が バウンドするような アニメーションを行います 逆にこちらを「"false"」にしておくことで そういったバウンドの アニメーションはせずに アプリが固定化された状態になります ここを「"false"」にしておくことで いかにもアプリらしい 体裁にしておくことができます 以上でレッスンは終了です 今回は「PhoneGap Build」を 使った開発を行う際に必要な 「config」ファイルの設定方法 について解説しました 以降のレッスンでは 準備したプロジェクトファイルを 「PhoneGap Build」へアップロードして アプリに変換する方法について 解説致しますので そちらもあわせてご覧ください

PhoneGap Buildで作るスマートフォン用カメラアプリ

PhoneGap Buildとは、HTMLやJavaScriptを使って制作したファイルをWeb上にアップロードするだけでiPhoneやAndroidなどのモバイル端末向けのアプリに変換してくれるウェブツールです。このコースでは、PhoneGap Buildを利用してスマートフォン向けのカメラアプリを作成します。

1時間10分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年02月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。