ステップアップ!WordPress中級

投稿フォーマットとは

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
投稿フォーマットの種類や設定方法を解説します。
講師:
05:03

字幕

このレッスンでは 投稿フォーマットについて学習します 投稿フォーマットは その投稿が どういうタイプの投稿なのかを 設定することができる機能です 投稿フォーマットは 必ず 一つの投稿に対して 一つだけ選択することができます なお 投稿フォーマットは 対応したテーマでしか使うことができません この投稿フォーマットに 対応していないテーマもあります 使用できる投稿フォーマットの 種類について紹介します WordPress の日本語公式サイトの 投稿フォーマットページでは 投稿フォーマットについて 次のように解説しています あまり聞きなれない言葉ですが アサイドというフォーマットは Facebook のノートのような ものであると 簡単なメモ書きのような投稿に対して つけるフォーマットになっています それから gallery 画像のギャラリーですね 単独の画像に関しては image 画像というフォーマットが用意されています それから他のサイトへのリンク 引用は何か引用文と引用元の 表示を入れたテキストになります status というのは短いテキストの 投稿をステータスというふうに 指定しています それから video と音声 あとチャットというのもありますね このような 投稿フォーマットが用意されています もう一度管理画面に戻ります この投稿フォーマットですが どういうふうに使うかというと その投稿に対して 付けられたフォーマットごとに 異なるデザインで画面を表示する あるいは 異なるレイアウトで 表示することができます 今 デフォルトの TwentyTwelve を親に持つ 子テーマの中で アサイド 画像 リンク 引用 ステータス それぞれの 投稿フォーマットを指定した 記事を作成しています これらの表示を 実際に確認してみたいと思います メモ書きのアサイド デフォルトの TwentyTwelve のテーマではこのような ちょっと凝ったデザインの 表示になっています 画像 これはシンプルに画像が一枚 表示されて タイトルが控えめに 下に出るようになっています そしてリンクですね リンクは ここにリンクという 表示が出るようになっています 引用 引用も そうですね タイトルが出ていないという感じですね そして最後にステータス ステータスは ツイッターやなんかの 短いツイートみたいな感じですね アイコンと名前が出て そして本文が出るというような形で これも特にタイトルを表示していません このようなですね それぞれの 投稿フォーマットでどのような表示をするのか というのは そのテーマごとで異なりますし 自由に カスタマイズすることができますので 必ず ステータスであればこういう表示になる というわけではありません 今までこのような形でですね それぞれの種類に応じて デザインを変えたいという場合には 一般的にはカテゴリーを使っていました あるカテゴリーの記事は 違うデザインで表示するという形ですね ただカテゴリーというのは 複数選択することもできますので 必ず一つの表示に絞り込むということが なかなか難しかったんですが この投稿フォーマットというのは 一つしか選べませんので 必ずどれか一つのデザインで 見せるということができます この辺が 投稿フォーマットの特徴だと思います このレッスンでは 投稿フォーマットについて学習しました

ステップアップ!WordPress中級

このコースではWordPressのマルチサイトという機能を使って、通常では作るのが難しい本格的なウェブサイトの構築方法を解説します。 同機能を有効にする手順から実際にマルチサイトを使ってサイトを構築する方法、また本格的なウェブサイトを作るうえで役に立つ実践的なWordPressのカスタマイズ方法までを丁寧に説明します。

3時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 2,990
発売日:2014年02月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。