Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

どの段階でシャープにするか

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業のどの段階でシャープ化を行うべきか?を解説します。
講師:
02:30

字幕

このビデオではシャープ化を行うタイミング について解説します はい フォトショップで まあ 色や明るさなんかの調整を行って じゃあですね シャープ化を どのタイミングで行うか なんですが これは 原則として 作業の 全部の作業の 一番最後の 段階で行ってください 他の調整がですね 全部行った 最終段階として シャープ化を 加えるということですね まあ その理由なんですが じゃ ちょっとですね アンシャープマスクを かけてみましょう はい そしたらですね ちょっと 部分的に 拡大して ちょっと 極端な量を かけてみます 分りやすいように はい 大量にかけてみます はい アンシャープマスクをかけると これ ちょっとかけ過ぎの状態では あるんですけど 画像がくっきりするので おお よくなった とまあ人間の感覚で 思いがちなんですが これは実際にですね 細部を見てみると アンシャープマスクを 適用してない時には これだけ なだらかに 色や明るさが変化している グラデーションがあったのが シャープ化することによって それが極端になりますので 情報がそれだけ 失われているんですね はい 失われた情報は 基本的には もう戻らないので この 情報が失われている状態で さらに 他の明るさや色の 調整を加えてしまうと その少ない情報量の中で 処理が行われるので より 画質が劣化ですね ノイズが浮いてきたり 画質が悪くなってしまう そのような 現象につながります なので 他でもう調整を行って それでも追い込みきれない もう少し シャープ感を出したいという 最後の最後の調整として アンシャープマスクを それも必要と思われる もう なるべく少なめの量ですね かけ過ぎないにこしたことはないので それを 仕上げとしてかけてあげる それが 基本的な使い方となります アンシャープマスクはですね もう 効果が明瞭なのでついついですね 最初のうち かけてしまいがち ちょっときつめに かけてしまいがちなんですが そこのところ もうこれは 実はくっきり見えているけど 情報が 失われている状態なんだよ ということで 加工の 一番最後の段階で かけることを 心がけて下さい

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。