Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

Lightroomでのシャープ調整

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Lightroom内におけるシャープ化の処理を解説します。
講師:
04:46

字幕

このレッスンではライトルームでの シャープ調整について解説します ライトルーム上でシャープの調整を 写真ごとにやるときには現像に進みます 「現像」の項目の中でスクロールした先にある 「ディテール」という項目があります もし閉じていたらディテールの三角を クリックしますと開きます そうすると原寸大のプレビューのところと その下にシャープという項目がありますね このシャープの部分で 画像のシャープさの調整をします それではこの茂みのあたりを拡大して 例にとって解説しましょう まずは適用量と半径とあります これは通常のPhotoshopと同じですね 適用量を大きくすれば シャープが進んで行って 半径を広げてあげれば わかりやすいかたちで かかってきますが あまり半径を上げすぎると ハロが出やすくなります 調整しているときは例えば ちょうど今見ているような ごちゃごちゃした画面ですね 正直わかりにくいと思います 色も入り乱れていますし どれくらいシャープになっているんだろうと ちょっとわかりにくいと思いますが そういうときはMacの方はOptキー Windowsの方はAltキーをおしながら 例えば適用量を動かすとしながらスライドを動かしている間なくなって 色は一時的に スライダを動かしている間なくなって そうするとわかりやすいですよね 色がなくなった方が見やすいので 一時的にモノクロになって 量を調整できるという 非常に便利なものになります 同じく半径もOptまたはAltキーを 押しながらドラッグすると どれくらい半径にかかっているのか わかるので ハロの出方ですね 強くすると ハロがだいぶ出てるというのがわかると思います あまり強くしすぎずに これぐらいの範囲でかけます とても具合が見やすくなっています さらに下の方に違う項目も加わっています ディテールというところですが どれくらい細かいところまで かけれるかということですね ある程度かけた状態で ディテールさらに動かすと ごちゃっとしたところに どれだけかかっているか調整できるのですが これ上げるほどより細かい部分が 浮き出て見えてきますね これもOptまたはAltキーを 押しながら調整すると このように少ないとだいぶ 細かいところがぼやっとしていますけど 上げるほど細かい部分が浮き出てくると そうするとなんとなく 固い印象になってしまうので これは最終形をながら調整していくと ちょうどいいところが見えます では ちょっと極端に強くしておいて 一番下のマスクというところなのですが これはですね このシャープを適応しない範囲 マスクする範囲を決めることができます これをどんどん値を上げていくと シャープが弱くなってきます これもまたOptまたはAltキーを 押しながらドラッグすると 最初0だと真っ白なんですけど 上げるに従って 黒い部分が増えてきます 上げるほど細かいエッヂが省略されていく 黒いことろはシャープがかからないところです なので大きなところはだけに シャープがかかっていて 黒いところはマスクされる つまりシャープが行われるとこが 減っていくということですね このように複数の項目で 互いに調整しながらできるので このライトルームのシャープはかなり 追い込んだ細かい調整ができます Photoshopの本体のアンシャープマスクよりも ディテールとマスクの分は 突っ込んだ調整ができます ここのディテールの タイトルが出てる横の このスイッチをクリックすると いつでもオンオフできるので 効果を簡単に比べることができます やはりですね写真の処理について ライトルームが かなり進んでいる部分があるので ぜひともこちらも 使っていただきたいなと思います

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。