Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

CameraRAWからの出力をシャープ化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CameraRAWから出力されるファイルへのシャープ適用をプリセット化します。
講師:
02:38

字幕

このビデオではカメラローカルの出力に 一括してシャープをかける手順をご紹介します Camera Rawですが現像経過ですね 「画像を開く」でPhotoshopで開くだけでなく ここから直接画像として 保存することもできます それを行うのが 「画像の保存」というところです これをクリックすると こういう設定画面が出てきます そして「ファイル形式」というところ 「JPEG」なんかの 「RAW」以外の最終画像の形式ですね これにしておくと 一番下の「シャープ出力」の 一番下のチェックを入れると このように項目を 設定することができます これをこの後保存される画像に この設定のシャープが 一括してかかるようになります 中身見てみると「スクリーン」ていうのは 例えばウェブサイトなんかの画像ですね 画面で見るのが「スクリーン」向け そして下2つは印刷用なのですが それぞれ 「光沢紙」つやのある紙か「マット紙」つやのない紙か 選ぶことができます 「適応量」というのは3段階あって 「弱 標準 強」ですね 強さなんかもかけて これを保存する画像に適応できるのですが これ毎回設定しなくても プリセットというところで 「新規保存 オプション プリセット」 ここを開けて 例えば 「シャープ1」と名前を付けて 「OK」すると プリセットとして保存できるので 毎回これを選ぶだけで 同じ設定をワンタッチでかけられると いつも同じ設定の シャープをかけるときは便利ですね これローカルですね この別の画像として保存する場合もそうですが ここの部分をクリックすると 「ワークフローオプション」というのがありますが 個々の画像のカラースペースを 設定できるのですが ここにも同じく「シャープ出力」 同じ項目があります 内容も同じですね こちらもプリセットを保存することができるので 例えば新しい画像を開いたら ここでプリセットを選ぶだけで いつも同じ設定が作れると かなり作業の手間を省くことができるので ぜひとも ここの設定とプリセットの作成 これも活用してみてください

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。