Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

ハイパスを使った明瞭化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ハイパス」と描画モードを使用し、雲などエッジのはっきりしないものを明瞭化するテクニックをご紹介します。
講師:
03:00

字幕

このビデオでは「ハイパス」を利用した シャープ化について解説します はい 写真をですね シャープにする方法なんですが このシャープのフィルターだけを使う方法 これ以外にもいくつか方法があります その中の一つを ちょっとやってみようと思います では まずですね この画像 今 レイヤーが一枚だけですが これを 右クリックして レイヤーを複製 これを実行して はい そのままOK ですね はい 全く同じレイヤーを 複製して作ります そうしたら この 複製したレイヤーの 描画モードですね これをですね オーバーレイにします すると そのままだとこんな感じに コントラストの強い絵になります では ここに対してフィルタ―の その他から 「ハイパス」 これをですね 実行します すると はい ハイパスを実行すると こんな感じに この画像のですね ある明るさ以下の所が 切り取られて このように グレーの画像に なるんですが それが オーバレイで重なっていると その部分が シャープになるんですね で この半径という所を 変えてみると 半径という所が 大きくなるほどよりクッキリと きつく シャープな感じで どんどん戻していくと コントラストも弱くなって こっちも 余りない感じですよね 軽い かかり方になります はい じゃこの真ん中辺りにして これをOKしてみると はい この雲の感じが非常に強調されてますね だけど コントラストを 全体的に いじったのではないので 空は余り影響を受けていません そこがポイントですね 空は 最小限の影響をとどめた上で 雲だけを大分シャープにすることができました 更にですね この半径で調整した以外に この処理後のこのレイヤーをですね 不透明度を変えてあげると 更に この変わり方の度合いですね これを調整することができます はい でですね これのいいところは 元のレイヤーを何もいじっていないので もう いらなくなったらこのレイヤーを 削ってしまえばいいですし まあ かけた後も 不透明度を調整すれば ですね いつでも 効果の度合いを 調整することができます はい このようにですね 特に 雲のようなー 輪郭も余りはっきりしていないから ちょっと はっきりさせたいとー そうした 素材に対してこの方法は 有効なので 是非とも使ってみてください

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。