Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

印刷向けのシャープ設定例

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ある印刷環境向けのシャープ化設定を適用し、画面で見た印象とのギャップを体験して頂きます。
講師:
02:15

字幕

このビデオでは ある印刷環境に合わせた シャープ処理の例を まずご覧いただきます はいそれでは 今こういった画像があります これをあるプリンターで出力した時に 一番良くなるというシャープネスの 設定があるので 一回それにしてみます それを行った時に画面上でどんな風に見えるか そこを確認してみて下さい それではフィルターのシャープ アンシャープマスク これを開けますね しきい値は0にします そして量は200%にします はい かりっとしてきましたね そうしたら 半径を3pixelにします そうすると はい かなりきつくかかっていますね もう画面上でみると ちょっと かかり過ぎと見えるかもしれません ですが実はですね その特定のプリンターで 出力すると これくらいにしたのが一番 ちょうど良いという結果が以前得られています このように画面で見た印象と 印刷物の出た結果というのは 必ずしも 一致しないというパターンがよくあります 例えばWeb用など画面で映すものに関しては 画面上の印象で決めてもOKなのですが 残念ながら印刷物というのは紙ですので もうモニターで見た感じとは どうしても違ってきます なので完全にモニター上の見た目だけで 決めるというのは かなり難しいところもあって 実際に その最終的な出力の環境で 印刷した時に どれくらいになるかなという データをとっておいて ひとつですね いくつかの写真でデータがとれれば 大体平均してこれくらいであれば 大丈夫であろうという値がとれますので それを参考にして このように画面上では多少きつく見えるけれど 印刷結果に最適になると そういった値を適応すると そのような運用も大切になってきます ぜひですね よく使うプリンター環境などがある場合は そこの最適な設定というのを 一回実験して把握しておくと 大変便利ですので ぜひやってみて下さい

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。