Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

ブレンド条件を使ってエッジを調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤー効果の「ブレンド条件」を使って、シャープ化したレイヤーのエッジ部分を調整します。
講師:
02:51

字幕

このビデオではブレンド条件を応用して シャープの調整を行う手順を ご紹介します それでは 今 サンプルのこの画像ですけど このレイヤーをまずコピーします レイヤーを 新規レイヤーのところに ドラッグ&ドロップして もう一枚作ります そしたらここに対して「フィルター」の 「シャープ」の「スマートシャープ」から では「量」を 400 ちょっとぐらいにして 半径真ん中の 大体 10 位にして ちょっときつめにかけてみます すると  かなりシャープには なりましたけど このエッジの部分に ハロが出てしまって エッジがきつすぎるところがあります こういったところを 全体のシャープさは保ちながら 軽減させる手段をやってみましょう では このシャープを適用した方の レイヤーを 右クリックして 「レイヤー効果」をクリックします そしたらこのレイヤー効果の トップのタブで 下のほうに 「ブレンド条件」というのがあります では これはグレーのままでいいので 上の方の「このレイヤー」の こっちの右側のスライダーを 段々 左にしてみてください そしてどんな変化が起きるか なんですけど はい どうでしょう ちょうどハロとして出ている この白くなってしまっている部分 これが段々なくなっていっていますね これは どういうことかというと 画像の中の 明るい部分からどんどんなくなって 下の画像が見えてるんですね 反対に この黒の方を動かしてみると このエッジが きつすぎたところが 多少柔らかくなると こっちはちょっとでいいですね こんな風に ちょっときつすぎて ハロが出てしまっているところを うまい具合に削ることができます ただこれだけだとちょっと硬いので Mac の方は option キー Windows の方は Alt キーを押しながら これを ドラッグするとパカッと割れます そうするとこの範囲内で グラデーションになって なだらかに 変化していくようになります これで 「 OK 」してみると このレイヤーを オン・オフしてみると 元はこんな画像でした で シャープは明らかにかかったんですが この ハロが出てしまった部分とかを 結構強めにシャープをかけても それがわからないぐらい 取り除くことができました 応用的な方法ですけど この「レイヤー効果」の 「ブレンド条件」で エッジの調整を行う方法もあるので ぜひとも覚えておいてください

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。