Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

2つのシャープ化を併用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
2つのシャープ化のテクニックを併用する例を解説します。
講師:
04:36

字幕

このビデオでは 2種類のシャープ化を 併用する手順をご紹介します この写真ですね 水面を鳥が飛んでいるんですけど これですね もう少しシャープ化したいんですが 水面の部分と鳥の部分では 最適になるシャープ化の手法が異なります なので それぞれに違う手法を 適用してみようと思います まずこの水の方ですね やってみましょう ではこのレイヤーを この新規レイヤーのアイコンの方に ドラッグ&ドロップをして コピーします そうしたら これの 描画モードを“オーバーレイ”にします はい するとこんなコントラストの高い絵になります このレイヤーを フィルターメニューの“その他”から “ハイパス”を適用します そうすると これがですね 右にいくほどコントラストが高くなって 左にいくと弱くなると 調整できるので 真ん中ぐらいにしておきましょうね そうすると 水面がはっきりしてきます ただ 水面ははっきりしたんですけど 鳥のちょうどいい透明感も 失われてしまった感があるので 鳥の部分だけこの効果をなくしたいと思います では このレイヤーに対して “レイヤーマスク”ですね これを作成します そうしたら レイヤーマスクを選んで ブラシを使って 鳥の部分だけ塗っていきます 特にこの羽根 透明感がもともとあったんですけど ちょっと硬くなってしまったので レイヤーマスクを適用してやると このように柔らかく 綺麗な透明な感じが戻ってきます 鳥の部分だけこのように外してあげます この辺もですね だいぶ雰囲気が変わってきますね このように処理してあげることで これで 波だけを強調することができました それでは この鳥の部分 これはこれでシャープ化したいので こちらは別の処理を適用します では こっちの下のレイヤーを選んだ状態で フィルターのメニューから “スマートフィルター用に変換” これを実行します そうしたら フィルターの“シャープ”から “スマートシャープ”を実行します そしてですね スマートシャープを 量を300% 半径を5pxくらいで ノイズの軽減は 0でいいですね このくらいかけると かなり翼がはっきりするので これでOKします はい ただこれだと全体にかかってしまうので 鳥の部分だけにかけたいので このスマートフィルターのレイヤーマスク ここを選んだ状態で 編集メニューから“塗りつぶし”を実行して 内容を“ブラック”でOKします そうすると マスクがかかって効果が見えなくなりますね そうしたら今度は 描画色を白にして ブラシを使って鳥の部分を塗ってあげます この羽根の部分ですね 塗っていくとここだけ 白でレイヤーマスクを塗ったところだけ シャープが適用されるので明瞭になりますね はい こっちもですね かなり明瞭な感じになります そしてこの足も あとこの 水しぶきなんかもですね ちょっと硬くしておくと よりくっきりした感じになりますね はい このような感じで 部分的に違う処理を適用してあげることで それぞれ最適なシャープ化を 行うことができました

Photoshop 画像をくっきりシャープにするテクニック集

写真がくっきりシャープであることは大事ですが、思った通りのシャープさを実現するのは難しく、方法を間違うとノイズの原因にもなります。 このコースではPhotoshopを使ったRAW画像のシャープ化やスマートシャープの使い方、用途別のシャープ化の実例、画像内のエッジ部分のさまざまな調整方法など今すぐに使えるノウハウの数々を学習することができます。

1時間27分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。