Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

カラー設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カラー設定の概要を解説します。
講師:
03:57

字幕

このビデオではカラー設定について解説します 例えば 今皆さんが 見ているこのモニターで Photoshopで作業を行って 写真の色を調整したとします 皆さんのモニターで これを最適な色だな というところに持っていっても 他のモニターとか 印刷にかけると なんとなく色の雰囲気が 調整した時と 変わってしまうということがあります これは物理的に違うもので見ているので 仕方がないという面もあるのですが それをできるだけ合わせるためには カラー設定が重要になってきます では「 編集」のメニューの「カラー設定」 ここですね これを開けてみると 色に関する細かい設定の画面が出てきます その中で まず重要になってくるのが 作業用スペースというところです 上からRGB CMYK グレー スポットとありますが 特に重要なのが上のところですね RGB というのが今 皆さんが見ている モニターのカラーの感じとなります RGB というのは光の三原色ですね red green blue モニターは光の三原色で RGB で管理します その下の CMYK というのは cyan magenta yellow black と これは印刷の方の設定ですね 今 このRGBですけれど これを見ると sRGB となっています クリックするといろんな選択肢が 出てくるのですが 特に普段よく使われるのが この sRGB か ProPhotoRGB か または Adobe RGB この辺が使われます まずこの sRGB ですが これは 多くのモニターなんかで 共通したカラー設定でして この sRGB に準拠していれば 概ね同じような感じの色で 準拠した 機器の間で見ることができるという そのような設定になっています ただし sRGB というのは少し 色の範囲が狭くなってくるので それよりさらに広い範囲の色を使える Adobe RGB ですとか さらにもっと広い範囲が使える ProPhoto RGB こういうものを用いた方が 作業結果自体としては良くなります ただし ProPhoto RGB なんかは かなり 対応している機器が少なかったりもしますので 作業の流れをよく確認して まあ sRGB で行うか またはその中間である Adobe RGB で行うか そのような選択が必要となってきます そして 作業用のカラースペースは こちらで設定ですが 画像自体にも この画像はどのカラースペースで 色を扱うという設定が 埋め込まれるのですが それをそのまま活かすか それとも この Photoshop 上で設定されたものを 優先するかというのは 下のカラーマネジメントポリシー というところで設定します ここを開いてみると3つありますね オフっていうのがありますけれど 通常はオフでは使わないです 必ずどちらかを使うのですが まず「埋め込まれたプロファイルを保持」 というのは ここをとりあえず無視して そしてその画像に埋め込まれている カラースペースで作業を行うというのが こちらの 「埋め込まれたプロファイルを保持」です 「作業用 RGB に変換」というのは 例えば 今が sRGB の設定ですけれど sRGB であれば sRGB 以外の画像を開いた時に sRGB に変換して作業を行うという そのような動作になります この部分ですね 自分が今どの カラースペースを使って作業しているか それをしっかり認識した上で 作業を行って下さい

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。