Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

CameraRAWでのシャープ化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CameraRAW上でのシャープ化の処理を解説します。
講師:
03:07

字幕

このビデオでは "Camera Raw" の上での シャープ処理について解説します 今ですね "Camera Raw" の上 に画像が開かれています この上でもですねシャープ化の処理が行えます それではこのパラメーターの 上の所に並んでいる アイコンですねこの中から 三角をクリックします すると "ディテール" のタブが開きます その一番上に "シャープ" の項目があります "シャープ" を適用する際なんですが これはですね画像が あんまり小さくなってると分かり辛いので この細かい物が特に集まってる部分なんかを これぐらい拡大してあると だいぶ作業が行いやすくなります シャープなんですが "適用量" を増やすと "シャープ" がどんどん進んでいくんですが 正直ですねこのまま "適用量" 上げていっても ちょっと分かり辛いですね 最高にしてもちょっと分かり辛いかと思います そうした時に分かりやすくする方法があります Mac の方は "option" キー Windows の方は "Alt" キーを押しながら ドラッグすると この様に一時的にですね 画像がグレイスケールになって 色が無くなるのでよりですね シャープさを集中して見やすくなります ちょっと動画だと 分かり辛いかもしれないですが かなりですねカラーの時よりも シャープの変化が分かりやすくなっています 又他の項目も "Alt" もしくは "option" を押しながら 操作するとだいぶですね動作が変わってきます 例えば "半径" を動かすと "半径" を大きくすると よりエッジの周りが太く選ばれて 小さくすると細く選ばれると かなりどれぐらいの半径で シャープネスが行われるか分かりやすくなっています 又は "ディテール" ですね これなんかもこの様に どれぐらい細かい所が出て行くか 細かい所がはしょられるか その違いが非常に分かりやすくなっています そして一番分かり易いのは この "マスク" ですね 例えばこの画像で言えばこの青い部分なんかは グラデーションを適用したくないので シャープネスをかけたくないなんて場合ですね そういった時 "マスク" を適用する事で よりエッジだけにかける事が出来るんですが 普通にやってもかなり分かり辛いんですけど これも "option" もしくは "Alt" を押しながら操作すると 上げていくと この黒くなった部分は 効果がマスクされる 適用されない所なので 例えばこんな風にすれば エッジの部分だけに適用すると かなり限定的にかける事なんかも可能です この様にしてですね "option" もしくは "Alt" を押しながら操作する事で より "シャープ" の設定を 分かりやすく行う事が可能です

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。