Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

アンシャープマスクの使い方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一番よく使われるアンシャープマスクの使い方を解説します。
講師:
02:36

字幕

このレッスンでは "アンシャープマスク" の使い方を解説します 画像をシャープ化する時に 一番よく使われるのが "アンシャープマスク" というフィルターです "フィルター" のメニューの "シャープ" の "アンシャープマスク..." ここを選んで立ち上げます "アンシャープマスク" ですが 基本的なところは この "量" と "半径" ですね この2つで設定していきます 例えば "量" を おもいっきり増やしておいて 効果が強くかかりましたね "量" を多くすると どんどんコントラストが高くなります そしてどれぐらいのエッジを 強調するかという "半径" ですね これを調整していくんですが "半径" の設定があまり広いと この様にですねエッジの周りにぼやっと 光彩の様な帯が出てしまう事があるので こういった場合ですね "量" を減らす "半径" を縮める他に この "しきい値" これはエッジのどれ位の部分までを シャープ化するかという所なんですが これをですねちょっと上げてやると よりエッジの周辺に集中してかかっていって こうした空の様な 平面の部分にはかからなくなってきます "しきい値" が "0" だと 空の部分にノイズが浮いていますが "しきい値" を上げていくと このエッジのきつい部分は あまり変わらないんですけど 空のところのノイズが無くなっていきました 更に "半径" がですね 不自然にならないぐらいの レベルまで調整してあげます そして "量" を調整すると 全体のシャープさがですね 大きく変化していきます この小さなウィンドウの中は ドラッグする事で表示位置を変えられますし ポインターがですね四角くなってますので こちらメインの画像の方で 任意の場所をクリックして この部分を拡大して見たいという そうした操作も行えます またこちらのですねメインの方のプレビューは この "プレビュー" のチェックをですね オンオフする事で 効果が無い状態ある状態で 切り替えて見る事が出来ます "アンシャープマスク" はですね パラメーターの量も操作する部分の量も 比較的少なくて扱い易いので 是非とも積極的に使ってみてください

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。