Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

シャープ化すべきでないタイミング

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シャープ化を行わないほうが良いケースについて解説します。
講師:
02:04

字幕

“マスターイメージの保存” このレッスンでは シャープ化を行わない方が良い状況について 解説します。 画像はですね 基本的にシャープ である方が良いとされるんですが 写真の雰囲気によっては却って シャープ化を行わない方が良い場合もあります 例えば、今この画面に出ている写真ですが この霧の出ている湖に 船が一艘浮かんでいる。 かなり幻想的な感じの写真です。 かなりつかみどころが無いけど これが味になっていますよね。 この中でボートが一艘ある この部分をシャープにしたらどうか 例えば、フィルターのシャープの スマートシャープを 適用したとします。 そしてこのボートの 特にこのロープの部分だったり ここをやったとしまして 今ですね 例えば量が0 シャープがかかってない状態がこれですね。 シャープをかけてくと ちょっときつめにかけてみたとして。 どうでしょう、この部分を見て頂くと あまりボート本体は そんなにシャープ化の恩恵が無い感じですよね むしろ、シャープ化の量を多くしてしまうと ノイズがだいぶでてきます。 なので、得られるメリットに対して ノイズが浮いてしまうという デメリットの方が多くなってしまいます。 この様に これはちょっと極端な例なのですが 全体に 非常に緩やかなグラデーション だから成り立っていて 明瞭にエッジを出すべき被写体が無い場合には 無理にシャープ化をかけない方が 画質が向上することがあります。 これはちょっと極端な例なのですが 基準に考えて 時にはシャープ化を行わないという選択も 視野にいれておいてください。

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。