Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

クリエイティブなシャープ化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シャープ化をより積極的に、クリエイティブに使う例を解説します。
講師:
01:59

字幕

このレッスンではスマートシャープを クリエイティブに使う例をご紹介します シャープのフィルターですね 基本的にあまりかけすぎないというのが 原則ではあるんですが 場合によってはちょっと極端に使って クリエイティブな効果として 使うケースもあります ちょっと 一例やってみましょう 今 画面のほうですけど 何か不思議なものですね 砂とこれは原油かなんかでしょうかね はい かなり不思議な雰囲気なんですけど この雰囲気を強調するのに シャープを使ってみましょう それではまず このレイヤーですね これをドラッグして 新規レイヤーのところに ドラッグ&ドロップして複製します そしたらここに「フィルター」の 「シャープ」の 「スマートシャープ」ですね これをかけます そしてですね 普段は半径小さくするんですけど ちょっと極端に これぐらいにして 極端なですね こうした シャープがかかるような設定で [OK] します はい そしたらですね これだけでは さすがにごつごつしすぎなんですが 同じレイヤーを今 二枚重ねて 上にだけかけてるので これで不透明度を下げてやると はい「0」にすると影響ないですよね これちょっとずつ上げてやると はい ちょうど半分ぐらいにしてあげると 割といい塩梅で ディテールが強調されて なかなか不思議な雰囲気になりましたね こんな形で直にかけるのとは違う感じで 二枚重ねたレイヤーの片方にだけかけて 不透明度を調整して そして ちょっとですね この不思議な雰囲気の 強調 ディテールの強調に使うなんていう そういった使用法もアリです

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。