Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

Photoshopからの印刷

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopから直に印刷する際の設定を解説します。
講師:
03:08

字幕

このレッスンでは Photoshop から 直接 プリンターで プリントする時の設定を ご紹介します はい 今ですね この Photoshop の上に 開かれている画像ですね これをこのPhotoshop が動いている パソコンにつないだ プリンターからプリントする時ですね その時は「ファイル」メニューの「プリント」 こちらを 実行すると プリント設定のウィンドウが 開いてきます はい まずですね この部分 「プリンタセットアップ」ってありますが ここにプリンターと出ているのは パソコンにつないである プリンターですね それが出てきます で この「プリント設定」というところを クリックすると そのプリンター固有の詳細の 設定画面が出てきます ここはつないでいるプリンター 使っているプリンターによって 中身 表示も変わります なので ここはちょっと省略しますね はい そしたらプリンターの直のですね 例えばインクの設定とか部数の設定とか それはこちらで行っておきます はい これ「レイアウト」ってありますが 紙の設定ですね に従って 縦にしたり横にしたり いうところも選びます はい その下ですね 「カラーマネジメント」 とありますが これはですね 通常はカラー処理というのが 「プリンターによるカラー処理」になってます プリンターが持ってるですね 情報を基に プリントするんですけど これを Photoshopによるカラー管理とすると Photoshop のほうで そのプリンターに合わせたプロファイルを 選んで印刷することができます 通常は「プリンターによるカラー管理」 でいいんですけど 意図的にですね プロファイル特定のものを 使いたい時には 「Photoshop によるカラー管理」 を使用します はい で その下のほうにいって 「位置とサイズ」というところに来ました 今ですね これ 仕上がり結果の プレビューですね この今 A4 の紙ですけど これをこの解像度で印刷すると これぐらいの大きさに印刷されると 周りにちょっと黒の斜線がありますけど ここら辺は 印刷されないかもしれないよ というエリアですね この印刷のエリアですけど これ ドラッグで簡単に変えることができます また 「中央」 というのに チェックを入れると ど真ん中にスナップしてくれます 大きさもですね ここで調整することも できるんですけど 「メディアサイズに合わせて拡大・縮小」 というのをクリックすると このように印刷可能な範囲ぎりぎりに スナップしてくれることも可能です はい その他ですね この印刷部分に対して トンボ 断ち切りの印ですね こういったものを付けたりと 割と印刷の専門的な機能もあります はい これらの設定が全部終わったら [プリント] を実行することによって Photoshop から直にですね 写真を印刷することができます ま 特にですね このカラー管理の部分などは Photoshop から直に やってる場合ならではの機能ですので ぜひともこちらもですね 覚えておいてください

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。