Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

印刷のミスマッチに対処する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面と印刷結果のミスマッチに解消に関するヒントを解説します。
講師:
01:53

字幕

このレッスンではカラーのミスマッチの 解消方法を解説します 完成した画像をですね 特に 印刷した場合 どうしてもモニタと印刷結果で ミスマッチが出てしまう という ことがなかなかですね 避けられない問題として起きてきます 完全に一致させるというのは まぁ モニタと紙で違うので無理だとしても できるだけ近づけたい という時ですね そういった時はまず原因を 探っていくのが大切となります ここで大切となるのが モニタがおかしいのか プリンターがおかしいのか どちらが悪いのかをはっきりさせる その必要があります そういったところですね 例えば モニタのキャリブレーションを行ったりとか そういったプロファイルをきちんと選んだり とかもあるんですけど 簡単に比較的簡単に確かめるためには ちょうど今 画面に出しているような このような映像をですね このような画像を用意して モニタとプリンターで比べてみる と それ非常に簡単だけど 効果のある方法です これ見てみると まずカラーチャートがありますね そしてグレースケールの チャートもあります その他 様々な カラフルなものであったりとか また様々な肌の色の 人物なんかですね こうしたところで じゃぁ 両方でミスマッチが起きる時に どっちの どんな傾向の色がおかしくなるのか こういった素材があると かなり見極めやすくなってきます そして見極めたらその問題が起きた方をですね 正しいプロファイルを使ったり キャリブレーションをしたり という対処を 行うということになります はい 様々なレッスンで解説した テクニックとともにですね そうした根本的なミスマッチの解消方法 それをいざという時にはぜひ用いて お仕事に役立ててください

Photoshop 出力画像をビシッと最適化!

編集が終わったあとの画像を使用用途に合わせて最適化しておくのはとても重要です。編集者などに渡すさいも画像が最適化されていると、よりスムーズに仕事が運びます。 このコースではPhotoshopのカラー設定やファイルごとの設定、画像のシャープ化や編集画像の保存手順、ネット用や印刷用など用途別の注意点、スマートシャープなどの便利なツールの使い方を学びます。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
OneNote OneNote 2010
価格: 1,990
発売日:2015年02月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。