Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

3Dブラシツールにはペンタブレットが必要

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンタブレットの特徴と、ペンタブレットと3Dブラシとの関連ついて解説。Photoshopで紙に鉛筆や筆を使ったように描きたいときには、ペンタブレットを活用しよう。
講師:
05:40

字幕

このレッスンでは ペンタブレットとはどういうもので 3D ブラシとどういう関係があるのかについて 解説をします 皆さんが Photoshop で 絵やペイントをしようと考えたときに 必要なものはもちろんパソコンと Photoshop とモニタ そして マウスなどの 入力するためのデバイスです ただしマウスですと Photoshop で 紙に筆や鉛筆を使ったように 描きたいと思っても 思うように行かないと実感してしまいます なぜならマウスでは 筆圧などを感知することができないからです そこでよりリアルに描くためには 筆圧やペンの傾き 回転といった動きに対応した ペンタブレットが必要になってきます ペンタブレットとは タブレット本体と 専用のペンが セットになっていて これを USB や または無線で パソコンに接続をして タブレット本体上を ペンを動かして使用します ペンを持つ手の筆圧 ペンの傾き ペンの回転 ペン先の位置などを タブレットが感知して 描線の太さ 形状 インクの濃さ 色などを変化させて描く というものです マウスではクリックとドラッグという 平面上を動かすだけで 描く線であるのに対して ペンタブレットは 空間での動きも使って 描くことができます さてこのレッスンでは ワコムのペンタブレット Intuos Pro を使っていますが この機種は傾き検出レベルという 機能が付いているもので 他には現在では Intuos 4 Extra Large という 機種にも付いています ただし同じ Intuos でも この傾き検出機能レベルが付いていない 機種もあるので確認をしておきましょう またワコムのペンタブレットでも Bamboo という機種には 筆圧検出機能はありますが 傾き検出機能はありません それではこのような 筆圧や傾き検出機能の付いている ペンタブレットが感知する 4 つの主な動作について 解説をしましょう 1 つは ペンでタブレットをドラッグすると 平面上の動きを感知して描きます これはマウスも同じです 2 つめは ペンの圧力の加わり方で 描き方が変わります 主にブラシの幅や不透明度を 変化させて描きます 3 つめは ペン軸の角度による変化です ペンの形状が変化しながら描けます 4 つめは ペン軸の回転による変化です ペンの形状が回転しながら描きます なおこの回転機能は ペンタブレットのオプションの 回転検出機能付きの アートペンが必要になります これらの機能を十分に生かして描くには Photoshop の 3D ブラシを選びます その他のブラシでも オプションバーやブラシパネルで 筆圧を使った様々な変化を 加えることが可能ですが 3D ブラシとの決定的な違いは 回転や傾きも利用して描くことが できるかどうかという点です 3D ブラシは大きく 3 種類に分かれています 柄に粗くブラシが付いたものが 「絵筆ブラシ」です 鉛筆の形状をしているのが 「鉛筆ブラシ」です エアブラシの形状をしているのが 「エアブラシ」です 特に「絵筆ブラシ」の種類は豊富ですし 自分でカスタマイズすることもできます さてペンタブレットも 準備ができたところで Photoshop 上で必要な設定があります このような絵筆ブラシのプレビューには OpenGL が必要ですので 確認してみましょう OpenGL とは 3D 画像をきれいに描画するための アプリケーション プログラミング インターフェイスのことです Windows では「編集」メニューから 「環境設定」の「パフォーマンス」を 選びます Mac では「Photoshop」メニューから 「環境設定」の「パフォーマンス」を 選びます 「グラフィックプロセッサを使用」に チェックが入っていないと 使用することができません チェックが入っていることを確認して OK をクリックします これでプレビューを見ながら 3D ブラシの動きを確認することができます 以上 このレッスンでは ペンタブレットの特徴と ペンタブレットと 3D ブラシとの関連について 解説をしました Photoshop で 紙に鉛筆や筆を 使ったように描きたいときには ペンタブレットを活用しましょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。