Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

ペンタブレットと3Dブラシの動きを理解する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
筆圧に加えて空間での動きを反映できるペンタブレットと3Dブラシでの描かれ方の特徴について解説。
講師:
03:12

字幕

このレッスンでは 3Dブラシを使ったときの ペンの動きに対して どのような線を描くのかを見ていきましょう リアルな絵筆は それを持つ人の意思によって 筆の形状が様々に変化します 筆の先だけで描いたとき 筆に力を込めたとき 筆を寝かせたとき 筆を回転させたとき というように 1本の筆の動作で いろいろな線を描くことができます これを筆圧と傾きや 回転検出機能の付いている ペンタブレットと Photoshop のブラシを使うことで まるで紙に絵筆で描くような 直感的な線や描画を 再現することができます なおペンタブレットを使用するには タブレットがパソコンに接続されていて パソコンにドライバーが インストールされていることが必要です ここでは基本的なブラシツールを選びます ブラシプリセットピッカーで 「丸筆ポイント硬毛」を選びます タブレット上をドラッグすると ペンの軌跡に合わせて 丸筆の質感を再現した形状の ブラシ先端で 線を描きます 次にペンに筆圧を加えながら ドラッグします するとこのように 線の太さに強弱が加わります 筆圧を強めにすると線が太くなり 力を弱めると線が細くなります 今度はペンを傾けてみましょう ペンを寝かせるほどに ペン先の面積が広がって ドラッグすると太い線が描けます 最後にブラシを回転させてみましょう ペン先を浮かせた状態であれば ブラシの先端もペンの動きに合わせて くるくると回転します この状態でドラッグすると このようにユニークな線を 描くことができます なお回転によって ストロークを変化させるには ペンタブレットのオプションの アートペンなどが必要です このように このレッスンでは 筆圧に加えて空間での動きを反映できる ペンタブレットと 3D ブラシで どのように描くことができるか ということについて 解説をしました リアルな絵筆で描くような 動きと描画を Photoshop とペンタブレットでは このように再現しているということになります

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。