Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

ペンタブレットに機能を割り当てる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンタブレットをさらに便利に使うために、ペンタブレットのタッチホイールに機能を割り当てる方法を解説。
講師:
04:56

字幕

このレッスンでは ペンタブレットをさらに便利に使うために ペンタブレットのタッチホイールに 機能を割り当てる方法を解説します タブレットの本体の片側には ファンクションキーと その中央にある円形の タッチホイールが付いています これらには アプリケーションごとに キーボードショートカットキーを 割り当てることができます Photoshop で頻繁に使う ショートカットキーを 割り当てると便利です ここでは中央のタッチホイールに Photoshop での「一段階戻る」と 「一段階進む」のショートカットキーを 割り当ててみましょう Photoshop を起動させた状態で Windows ではコントロールパネルの 「ハードウエアとサウンド」の 「ワコムタブレット」を Macでは 「システム環境設定」から 「ワコムタブレット」を開きます 「入力デバイス」の 「ファンクション」をクリックします 「アプリケーション」で 「追加」ボタンをクリックして 「開いているアプリケーション」から Photoshop を選び 「 OK 」をクリックします 「タッチホイール」をクリックします ここには段階的に調整をするための 4つの動作を割り当てられます あらかじめこのように設定されていますが これを自分の好きな操作に切り替えます 例えば「回転」を 「キーストローク」に変更して ここに Photoshop での 「一段階戻る」と 「一段階進む」の設定をしていきます 上の方には 「一段階戻る」の キーストロークであるところの Windowsであれば Ctrl+Alt+Z キーを Macの場合は command+option+Z キーを押します 下の方を選択して ここには「一段階進む」の キーストロークであるところの Windows であれば Ctrl+Shift+Z キーを Macの場合は command+shift+Z キーを押します 名前をここでは 「戻る・進む」と入力します 「 OK 」をクリックします 切り替える段階のスピードを遅くするには 「遅い」に 速くするには 「速い」の方に マーカーを設定します ここでは中央よりも2段階遅く設定をします Photoshop に戻り ペンタブレットのタッチホイールの 中央にある切り替えボタンを 実際に押します 先ほど設定した「戻る・進む」の部分が 点灯するように設定をします この状態でホイールを 反時計回りに指でドラッグすると このように履歴が遡ります 時計回りに指をスライドしていくと 進んでいきます このようにぐるぐるスライドさせるだけで 履歴を行ったり来たりできるので 特にペイント中のあのときに 戻したいというときに フレキシブルに操作できるので とても便利です もしホイールに機能を 割り当てたくないときには 「キーストローク」に設定しましたが ここを「無効」に切り替えます このレッスンでは ペンタブレットをさらに便利に使うために ペンタブレットのタッチホイールに 機能を割り当てる方法を 解説しました このようにタブレット本体に ショートカットキーを設定しておくことで 利き手にはペンを持ち もう一方の手で タブレットの操作ができるので より効率のいいペイント操作が 可能になります

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。