Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

基本的な描画色の選び方

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopで描画色を選ぶ基本的な方法を解説。カラーピッカーやカンバスの色をスポイトで抽出したり、描画色と背景色を切り替える方法を紹介。
講師:
02:51

字幕

このレッスンでは Photoshop で描画色を選ぶ 基本的な方法を解説します Photoshopでは ブラシでペイントをしますが その際には色を選ぶ作業が必要です 通常はブラシでクリックや ドラッグをすると ブラシの移動した軌跡に 現在の描画色が塗り重ねられていきます この描画色はツールボックスの 2 つの正方形が重なっている部分の 左上の正方形を指しています ここをクリックすると カラーピッカーが開くので 縦長の虹色のパレットから色相を選び 左側の正方形の領域から 輝度と彩度を選びます 縦軸が輝度で 横軸が彩度になります 「 OK 」を クリックすると 描画色に選んだ色が適用されます またカラーパレットや スウォッチパレットから色を選ぶというのが 基本的な描画色の選び方ですが いずれもカンバスから カーソルを移動させて 1 手間 2 手間 また場合によっては 3 手間以上も かかってしまいます そこで Photoshop では もっと簡単にカンバス上で 色を選んでいきましょう 最も簡単なのは カンバス上に描かれた色を スポイトで抽出する方法です Windows なら カンバス上で Alt キーを Mac ならカンバス上で option キーを押すと カーソルがスポイト型に変化します このタイミングで 抽出したい色をクリックすると その箇所の色が描画色に適用されます ちなみに円形の下半分は現在の描画色 上半分にはスポイトツールが抽出している 色を表しています またショートカットキーの X を押すと 描画色と背景色を入れ替えられます このレッスンでは Photoshop で描画色を選ぶ 基本的な方法を解説しました 今使いたい色をすぐに選べるように いろいろな方法を試して習得しましょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。