Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

3D絵筆ブラシの長さを調整する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
絵筆ブラシを使用する際の、ブラシパネルでの絵筆の毛質において、毛筆の長さによって描く幅が変わり、さらに筆圧によっても太さが変化するということを解説。
講師:
03:13

字幕

このレッスンでは 3D 絵筆ブラシの長さを 調整してみましょう 文具店や画材屋さんには 様々な種類の絵筆が置いてあります その中からお気に入りのものを探すのは とても わくわくするものです ブラシを選ぶ際には 毛筆の太さや長さも 重要な選択の条件になります 同じように Photoshop の 3D 絵筆ブラシは 毛筆の長さを自由に調整することができます それではブラシの長さを調整してみましょう ブラシパネルの 「ブラシ先端のシェイプ」をクリックします ブラシの一覧から ここでは「丸筆(ポイント)」を選びます 次に「絵筆の毛質」で 長さに注目をします 初期設定では 137% に設定されています この状態で描いてみましょう ペンを傾けると 毛筆を寝かせた状態で描くことができるので この程度の幅の線を 描きます 次に「長さ」のスライダを 左いっぱいに ドラッグすると 25% になります この状態で 先程と同じような角度にして 描いてみると 線の幅が細くなります 毛筆が短くなったので 一度に塗れる範囲も 狭くなったということです 今度は逆に 「長さ」のスライダを右いっぱいに ドラッグして 500% にします プレビューの毛筆が長くなり ペンを傾けてドラッグすると 一度に塗れる範囲が広がります ただし この長さの数値も 密度と同様に 極端に大きすぎると パソコンへの負担がかかりすぎるため 描画の速度も遅くなってしまいます 絵筆ブラシの長さは 適当なサイズに設定しましょう また 筆圧によっても 線の幅が変化します 同じ長さのブラシでも 筆圧を弱めて描くと このように細くなりますが 筆圧を強めると 太い線になります このレッスンでは 毛筆の長さによって幅が変わり さらに筆圧によっても 太さが変化するということを確認しました 「絵筆の毛質」の「長さ」を いろいろ調整して試してみて 自分がペンを持つ角度や 筆圧に見合った 描きやすいブラシの長さを 見つけておきましょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。