Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

3D絵筆ブラシの厚みを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
絵筆ブラシを使用する際に、ブラシパネルの絵筆の毛質の設定でいう太さとは、ブラシの枝の厚みが多少変化し、塗りの密度が濃くなる効果があるということを確認する。
講師:
02:06

字幕

このレッスンでは 絵筆ブラシの太さに注目をしましょう ここではブラシパネルの 「ブラシ先端のシェイプ」を クリックします ここで「平筆」を選択しています 「絵筆の毛質」の 「太さ」に注目をします 通常は太さというと 極端に細いブラシや太いブラシの バリエーションを想像しますが ここで言う太さは ブラシの厚みが多少変化するものだと 考えてください デフォルトでは「太さ」は 23% に設定されています この時の柄の太さを 確認しておきましょう この状態で ドラッグすると このような線を描きます 次に「太さ」の数値を 最小の 1% に設定します この状態でドラッグすると あまり というか ほとんど 変化はありません 次に 逆に今度は 最大の 200% にして ドラッグしてみます その前に 柄の密度が 濃くなっているのが分かります また太さも多少太くなっています この状態でドラッグすると やはり太くなるというよりは 塗りが濃くなる印象です もっとも ブラシの太さを変えるには ブラシのサイズを変更すればいいので そちらを優先させましょう 以上このレッスンでは 「絵筆の毛質」の設定でいう太さとは ブラシの柄の厚みが多少変化し 塗りの密度が濃くなる効果がある ということを確認しました 重厚感のある絵筆にしたいときには この太さも設定してみましょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。