Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

3D絵筆ブラシの角度を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
絵筆の毛筆における角度の意味と調整の方法を解説。リアルな筆を回転させて持ち替えるような行為をブラシパネルで設定する。
講師:
02:23

字幕

このレッスンでは 絵筆の穂先の 角度を調整する方法を解説します リアルな絵筆で描くときに 描きやすい毛筆の向きや 特に平筆などは 線の太さを穂先の方向で調整しながら 描くということをします その際には筆の柄を少し 回転させて持ち替えたりもするのですが Photoshop の「絵筆の毛筆」という設定では このブラシの向き 方向を 角度で調整することができます 丸筆よりも平筆が分かり易いので ここでは「平筆(ファン)」を選びます デフォルトでは角度は 0度に設定されています この状態で横にドラッグすると このような線になり そのまま下にドラッグすると線が細くなります 平筆(ファン)のプレビューを見ると 横から見た状態は このように広がっていて 前から見ると つぶれて細くなっています ですから横の線は太く 縦の線は細くなるわけです この平筆を 90度回転させて 持ち替えたとします その状態を「角度」で設定します ここでは角度を 90度に変更します 先程と同じようにブラシを持って 横にドラッグすると 今度は線が細く そのまま下にドラッグすると 今度は線が太くなります このように ここで言う角度は ブラシの柄の傾きではなく ブラシ先端が向いてる方向になります 以上 このレッスンでは絵筆の毛筆におけるー 角度の意味と調整の方法を解説しました 人によって描きやすい 筆の角度というものがありますので それをこの「角度」によって 調整すると良いでしょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。