Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

混合ブラシの種類(プリセット)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
混合ブラシをしようする際に、オプションバーの「混合ブラシの便利な組み合わせ」から選べる種類を確認する。ドライから段階的に湿り気のあるブラシを選ぶ方法を解説。
講師:
04:57

字幕

このレッスンでは 混合ブラシツールとは どういう性質のブラシなのかということを プリセットの便利な組み合わせを利用して 理解しましょう 紙やカンバスなどに 絵の具で色を描くという リアルな操作を Photoshop で再現する手段には 筆圧や傾き検出機能を持っている ペンタブレットを使用し ブラシの形状や質感を 細かく調整することができる 3D ブラシを使う方法があります そしてもう一つ有効なのが 混合ブラシツールを使う方法です 混合ブラシツールは 絵の具の色をミックスさせたり 滲ませたり引きずったりして 描くものです 混合ブラシツールは ブラシツールのカテゴリーの いちばん下にあります 水滴とブラシの付いたアイコンです オプションバーの ブラシプリセットピッカーで ここでは「丸筆((中硬毛)」を選びます ブラシのサイズは 20 pixel に 設定しています ここに 「混合ブラシの便利な組み合わせ」という プリセットがあります クリックして開くと 大きく4種類に分かれています 「ドライ」 「モイスト」 「ミディアムウェット」「ウェット」の 4種類です 上から順に選んでみましょう ドライはすぐに乾燥するインクです 色を変えて ドラッグすると 下の色を隠します 「ドライ 補充量少量」は 徐々にインクがかすれていきます 「ドライ 補充量多量」は どこまでも色が伸びていきます 「モイスト」は ちょっとだけ湿ったインクです ドラッグすると 少し滲んで下の色と混じります 「モイスト ミックス少量」は 色を変えてドラッグすると 下の色を少しだけ引きずって 色を塗り重ねます 「モイスト ミックス多量」は ドラッグすると 色は補充されずに 下の色を引きずります 「ミディアムウェット」は もう少し水気のある絵の具で 描く感じです ドラッグすると 容易に色が混ざります 「ミディアムウェット ミックス少量」は 下の色とはあまり混ざらずに 新しい湿った色を塗り重ねます 「ミディアムウェット ミックス多量」は 下の色を水気の含んだ筆で 滲ませながら引っ張ります 「ウェット」は かなり水気のある絵の具で 塗り重ねます 「ウェット ミックス少量」は 水気の多い絵の具で 下の色を隠しながら 描きます 「ウェット ミックス多量」は かなり水気を含んだ筆で 下の色を引きずります いちばん容易に色が混ざります このように このレッスンでは 混合ブラシの便利な組み合わせから 選ぶことで ドライから段階的に 湿り気のあるブラシを選ぶ方法を 解説しました 初めて混合ブラシを使うときは 「ドライ」「モイスト」 「ミディアムウェット」「ウェット」の 4 項目の全 12 種類の 組み合わせから選んで使うと良いでしょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。