Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

全てのレイヤーを対象にした色のサンプリング

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
混合ブラシツールで、透明なレイヤーに色を重ねて描く利点と方法、混合ブラシならでの効果について解説。
講師:
07:00

字幕

このレッスンでは 混合ブラシツールで レイヤーに色を重ねて描く利点と方法や 混合ブラシならではの効果について解説します 混合ブラシツールは 1つのレイヤー上の 色をミックスして描くだけでなく 複数のレイヤーを重ねた状態で 色を拾って描くことができます リアルに絵を描くときには 1枚の画用紙やカンバス上に 直接色を塗っていきますが Photoshop ではレイヤーという透明な シートのような層を重ねて描くことができます レイヤーに分けて色を塗り重ねることで 下地の色をそのまま残しながら 別レイヤーに描いた色だけを修正したり 外観を簡単に変えることができます ここにカラフルに塗られた形があります 基本の「背景」に直接色を塗ったものです このレイヤーの色を混合ブラシツールで 混ぜてみましょう ツールボックスで 「混合ブラシツール」を選びます ブラシプリセットパネルで 「丸筆(アングル)やや硬毛」を選びます ブラシのサイズは 20ピクセルに設定しています 「各ストローク後にブラシにカラーを補充」を 無効にしておきます 「混合ブラシの便利な組み合わせ」の中から 「モイストミックス少量」を選びます また「すべてのレイヤーからカラーを ピックアップ」を無効にしておきます これでドラッグをすると カンバスの色を引きずりながら 色が混ざります ここで前の状態に戻して 次に新規の透明なレイヤーを追加します 「レイヤー」メニューから 「新規」で「レイヤー」を選び 「OK」をクリックします 透明な「レイヤー1」が追加されました このレイヤー上で同じように ドラッグしてみましょう 全く変化しません 追加した透明なレイヤーが 下の背景の色を保護している為です ところが 混合ブラシツールでは 追加したレイヤー上で 色を混ぜることもできるのです 「すべてのレイヤーからカラーを ピックアップ」を今度は有効にします ボタンが黒くなった状態が有効です これで先程と同じようにドラッグすると キャンバス上の全ての色から サンプリングをして 色を混ぜながら現在のレイヤー上に 新たな色として描き重ねます このように見た目には1つの カンバスの中で色が混じっていますが レイヤーにのみ塗りが重なっているので 「移動ツール」で移動すると このように色の混じった箇所だけを 移動させることができます また変形などもできます 下のレイヤーはそのまま 保たれていることが分かります 更にレイヤーを重ねてみましょう 混合ブラシツールを選んで レイヤーを追加します 「OK」をクリックします 透明な「レイヤー2」が追加されました 「各ストローク後にブラシにカラーを補充」を 今度は有効にします プリセットで今度は「ドライ」を選びます これでドラッグして 新たな線を描き重ねます 今描いた線をこのまま保護しながら 色を混合してみましょう 1つ下の「レイヤー1」を クリックして選択します 今度は「モイストミックス少量」に戻します 「ストローク後にカラーを補充」を クリックして無効にします 真ん中のレイヤーを今度はドラッグすると 下のレイヤーと上のレイヤーの色が 混ざり合いながら このように描き重ねます 色が複雑に混ざっていますが この場合もレイヤーに分かれている為 真ん中の「レイヤー1」を非表示にすると 下の色も上の線も混ざる前の 状態が保たれています このように「すべてのレイヤーから カラーをピックアップ」が 有効になっているからこそ 複数のレイヤーの色を 1つのレイヤー上で 混ぜ合わせることが可能になります ここで疑問に思うのは 「すべてのレイヤーから カラーをピックアップ」は 非表示のレイヤーの色もサンプリングされるのか どうかということです 一度「レイヤー2」を非表示にした状態で 試してみましょう 「レイヤー1」を表示させて 選択をして この状態でドラッグしてみると 表示されている下のレイヤーの 色のみが混ざりました つまり非表示にしているレイヤーの色は 塗りの対象にはならないことが分かります このレッスンでは 混合ブラシツールで レイヤーに色を重ねて描く利点と方法 混合ブラシならではの 効果について解説しました 元の色や形を保護しながら安心して 新たに色を混ぜ合わせたい時には レイヤーを追加して「すべてのレイヤーから カラーをピックアップ」を有効にしましょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。