Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

ツールプリセットのブラシを利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ツールプリセットのブラシを使ってより使いやすくカスタマイズする方法を解説。
講師:
04:00

字幕

このレッスンでは 初期設定の プリセットブラシを選び 自分の使いやすいブラシに カスタマイズしてみましょう 混合ブラシツールのツールプリセットには 私達になじみのある画材 パステルや鉛筆など あらかじめ描画の質感が設定されている ブラシが数種類 用意されています いずれも通常のブラシや鉛筆ツールと異なり 混合ブラシツールならではの リアルな描画機能を備えています ツールボックスで 混合ブラシツールを選びます オプションバーの ツールプリセットピッカーを開くか 又はツールプリセットパネルを開きます いずれも混合ブラシツールのアイコンが 表示されています エアブラシや鉛筆 パステル そして特徴的なのは ブレンドという色を混ぜたり 伸ばしたりする為のブラシもあります 「コットンブレンダー」はドラッグすると 色を滑らかに混ぜ合わせるのに最適です このようにツールプリセットの ブラシの質感やサイズなどで 満足するのであれば そのまま使っていいのですが 中にはもう少し カスタマイズしたくなる場合があります 例えば ここでは 「パステル(ハード)不透明」を選びます 「ツールプリセット」のブラシには 既に色々な設定が適用されています ブラシのサイズはもちろんのこと カラーの補充や 自動洗浄の設定や にじみ 流量といった オプションバーでの設定の他にも ブラシパネルを開き 「テクスチャ」を開くと 既に「テクスチャ」が適用されています 「その他」を開くと 各コントロールに「筆圧」が設定されています このブラシで試しに ドラッグして描いてみましょう 描画色が適用されてこのように描かれました 確かにパステルのような感じはしますが 私はもう少し太めのパステルの線が好きなので サイズを大き目に変更したいと思います ここでは 40に変更します またテクスチャの凹凸感が目立つので もう少し滑らかにしたいということで ブラシパネルを開き 「テクスチャ」の「明るさ」を 70に高めます またハードとソフトの中間にしたいので 「ブラシ先端のシェイプ」で 「ソフトネス」の数値を 50に設定します 個人的な好みもありますが 私にとっては ほぼ満足するブラシができました このレッスンでは ツールプリセットのブラシを使って より使いやすくカスタマイズする方法を 解説しました オプションバーやブラシパネルで どの様な効果が加えられているのかを 探りながら 自分の使いやすい ブラシを作りましょう

Photoshopの3Dブラシと混合ブラシを使いこなそう

Photoshopにはいろいろなブラシが用意されていますが、中にはペンタブレットを使うことで紙や鉛筆で実際に描いているかのような筆感をリアルに再現できるブラシも用意されています。このコースではペンタブレットをより便利に使う方法と、ペンの筆圧・傾き・回転などの動きに合わせて変化する3Dブラシの種類およびその使い方について紹介します。

2時間00分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。