はじめてのIllustrator CS6

新規表示を複数設定して作業する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、面積が広く複雑なアートワークの作成に便利な、「新規表示」と「新規ウィンドウ」について解説します。よく使う表示倍率と表示箇所を登録しておいて素早く表示を切り替えたり、同じドキュメント内の複数箇所を一度に画面に表示したりできます。
講師:
07:29

字幕

このレッスンでは、面積が広かったり、複雑だったりするアートワークを作成して行く上で、非常に便利な新規表示と新規ウィンドウについて機能を解説して行きます。よく使う表示倍率と表示箇所を登録しておいて、素早く表示を切り替えたり、同じドキュメント内の複数個所を一度に画面に表示したり出来ますので、使いこなせば制作効率が更にアップすることでしょう。今ご覧になっているイラストレーションは、丁度画面一杯に全体表示されています。まずはこの状態を新規表示として登録してみます。メニューバーの表示から、一番下から二行目にある新規表示を選択します。名前を付けられますので、「全体表示」と入力して、OK をクリックします。次に、ズームツールを使って、この龍の顔の部分を拡大してみます。この表示倍率と場所を登録しておきます。メニューバーの表示から、新規表示を選んで、今度は、「龍の顔」と入力しましょう。OK をクリックします。では、手のひらツールを使って、今度は、龍の前足の所、この部分を登録しておきたいと思います。メニューバーの表示から、もう一度新規表示、そして今度は名前を「前足」と入力して OK にしておきます。さてそれでは、登録した表示を使って、移動してみましょう。 メニューバーの表示から、先ほど登録した「全体表示」、こちらを選択します。そうしますと、一番最初に見ていたアートボードの全体を見渡す表示に切り替わりました。では、もう一度メニューバーの表示から、今度は「龍の顔」を選択します。先ほど登録した倍率と場所に素早く移動して来ることが出来ました。では、前足はどうでしょうか。今度は「前足」を選んでみます。こちらも先ほど登録した倍率と場所に素早く移動して来ることが出来ます。この様に、大きくて複雑なドキュメントで、よく編集する部分を新規表示で登録しておけば、素早く色々な場所に移動することが出来ます。ではもう一度全体表示に戻ってみましょう。実は Illustrator には、この全体表示に戻るコマンドというのは幾つか用意されています。例えばツールパネルの左列一番下にあるこの手のひらツールをダブルクリックすることでも、一気に全体表示に戻れますし、または画面の左下にあるこちらのプルダウンメニューから全体表示に戻ることが出来ます。ということで、先ほど登録した表示の中で「全体表示」という登録は、必要ないと思いますので、消してみましょう。一度登録した表示を削除するには、メニューバーの表示から、表示の編集、こちらを選択します。 今登録されている表示がここにリストアップされています。この中から「全体表示」を選んで、名前を変えようと思いましたら、こちらの入力欄で変えることも出来ますし、今のように削除したい場合には、選択してから削除ボタンをクリックします。そして、編集が終わりましたら、OK をクリックします。もう一度メニューバーの表示から下の方を見てみると、「全体表示」という項目が削除されてなくなっていることが分かります。次に、同じドキュメントを一度に二つのウィンドウで開いて、違う箇所を一度に見るという方法をやってみましょう。まずは、メニューバーのウィンドウから、新規ウィンドウを開きます。今までに見ていたのと同じこの龍のドキュメントが開きました。タブの所をよく見てみて下さい。拡大してみます。元々開いていた方のタブは、龍.ai* :1 と付いています。そして、次に開いたウィンドウは、龍.ai* :2 となっています。これは同じドキュメントを別々のウィンドウで見ていることを表しています。元の倍率に戻ります。では、この後から開いた方のウィンドウを拡大してみましょう。顔の辺りを拡大してみます。そして元々開いていたウィンドウの方をタブをクリックして開いてみます。 こちらは全体表示のままです。この様に一つのドキュメントを複数の表示倍率でキープしたまま行き来することが出来ます。この二つのドキュメントをもっと便利に見る方法をやってみましょう。次に使うのは、上部にあるドキュメントレイアウトです。このプルダウンメニューを開いて、2 アップ、こちらを選択してみます。これを選択すると、画面が二つに分割されて一つのドキュメントを見ている二つのウィンドウを一気に見ることが出来ます。これが同じドキュメントを一度に別々の倍率で見ているんだよということを分かるために、実験をしてみましょう。今、龍.ai* のウィンドウがアクティブになった状態で、レイヤーパネルを開きます。そして、この龍を選びます。選択ツールで、龍を選びます。今、選択ツールで選択された状態が、龍.ai*:1 のウィンドウの方にも反映されていることが分かります。では、このグラデーションの色を変えてみましょう。龍のパスを選択したままグラデーションのパネルを開きます。では、グラデーションの一つの色を変えてみます。二つ目の色も変えてみます。パネルを閉じておきます。いかがでしょうか。龍.ai*:2 の方で作業をした、このグラデーションの変化が、龍.ai*:1 の方にも反映されていることが分かります。 この様に、大きくて複雑なドキュメントを複数のウィンドウを使って様々な拡大倍率で見て作業をするというのは、とても効率的なものです。ご自分のお好みの表示倍率でウィンドウを幾つか開いておいて、効率的な制作に生かして下さい。

はじめてのIllustrator CS6

このコースではIllustratorをまったく触ったことのない初心者の皆様でも迷うことのないように、基本的な操作からひとつひとつ丁寧に解説していきます。画面各部の名前や操作方法から始まり、ドキュメントの作成、図形の描画、色の変更など基礎的なことを網羅しています。

6時間55分 (48 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Illustrator Illustrator CS6
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。