Illustrator CS6で様々なグラフや表を作成しよう

レーダーチャートを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustratorのドキュメントに外部データを読み込んで、レーダーチャートを作る方法をご説明します。レーダーチャートは、同心円の中心から外に向かって折れ線グラフのようなものを配置し、物事の傾向を表すのによく使われるグラフです。
講師:
06:55

字幕

このレッスンではIllustrator のドキュメントに外部データを読み込んでレーダーチャートを作る方法をご説明します。レーダーチャートは、同心円の中心から外に向かって、折れ線グラフの様なものを配置し物事の傾向を表すのによく使われるグラフです。それでは、早速見ていってみましょう。今ご覧になっている「売上報告書」完成版の内この五つ目のボックスこちらに入っているこの様な同心円の中に折れ線グラフが入っているのが、レーダーチャートです。どの様な項目が強いか、弱いかという様な事を表すのに向いています。では、このグラフをご一緒に作ってみましょう。まずは、メニューバーの「ファイル」>「開く...」そして「売上報告書09.ai」こちらがお手元のマシーンにあると思いますので、開いて下さい。このデータは、折れ線グラフまでが出来上がっているデータです。「レイヤー」パネルを開いてみますと三つあるレイヤの内「グラフ」この「グラフ」のレイヤーに対して色々作業を行っていきます。では、「ズームツール」で五つ目のボックスところを拡大してみます。そして「レーダーチャートツール」を使います。「ツール」パネルの右列の下から三つ目にある「グラフツール」の部分を長押しして一番下にある「レーダーチャートツール」こちらを選択して下さい。 この空いている部分をクリックします。そして、「幅:50mm」、「高さ:50mm」と入力をして、OK をクリックします。レーダーチャートが出てきました。ここにデータを読み込んでいきます。編集するボックスが出てきましたので「データの読み込み」をクリックします。そしてお手元のマシーンにある「レーダーチャート.txt」こちらを開きます。データが入ってきました。このデータはテキストファイルでこの一つ一つの項目と数値の間にタブが入っています。そして改行されているデータです。ここまで入ってきましたら右上の「適用」を押してみましょう。早速、レーダーチャートができました。ではこのボックスを閉じてレーダーチャートを少し編集していきましょう。まずは「選択ツール」を使ってこの空いているエリアのちょうど中央あたりに持っていきます。何もないところをクリックして選択を解除します。まず最初に修正をしたいのはこの区切りの部分に付いているラベルです。ここに「万円」という単位が付いてしまっていますがこれは、他のグラフを作った時の名残で残っているものです。このグラフでは使いませんのでこのラベルを直したいと思います。「選択ツール」でレーダーチャート全体を選んでメニューバーの「オブジェクト」>「グラフ」>「設定...」を選びます。 「グラフオプション」の部分のプルダウンメニューを開いて「数値の座標軸」こちらを選びます。そして、「座標軸の後」に入っている「万円」という単語を消しましょう。OK をクリックします。ラベルの単位がなくなりました。一度選択を解除します。では、先にこのフォントを変えておきましょう。フォントを変える為には「グループ選択ツール」を使います。白い矢印にプラスが付いているツールです。そして、まず外側のこの五つのラベルに対してどれでもいいので、一つクリックしてゆっくりもう一回クリックをします。そうしますと、この外側のテキストだけがグループになっていて、選ばれますのでフォントを「ヒラギノ角ゴ Pro W3」の8pt にしておきます。次にこの中の数値の部分ここをもう少し大きくしておきましょう。どれでもいいので数字をゆっくり二回クリックします。これもフォントを変えてサイズを 5pt にしておきます。印刷する際の最小の文字サイズは、少なくても5pt ぐらいないと読み辛いと思いますのでこれぐらいの大きさに上げておきます。また、フォントがお手元のマシーンにインストールされていない方はなんでも結構ですので、似たような雰囲気のシンプルなゴシック体を選んでおいて下さい。 では、次にこちらのレーダーチャートのこのマーカーと線の色を変えてみたいと思います。スウォッチを使って変えていきましょう。「スウォッチ」のパネルを開いて「ライブラリ」>「自然」>「植物」を選びます。これはお好みでなんでも結構です。では、「グループ選択ツール」を持ったまままずは、この折れ曲ったところにあるマーカーをゆっくり二回クリックします。選択されましたので「線」を「なし」「塗り」をお好みの色に変えます。ここでは黄色にしておきます。次に、この結んでいる線こちらをまたゆっくり二回クリックします。そしてこちらも黄色に変えた後太さを少し細くしておきましょう。「線」パネルを開いて1pt に減らしておきます。このあたりの太さですとか、色はお好みで結構です。ここまでの作業でレーダーチャートが完成しました。性格診断ですとか、物事の強み分析などを表すのに、ぜひ作ってみて下さい。

Illustrator CS6で様々なグラフや表を作成しよう

このコースでは、Illustratorを使ってさまざまなビジネスシーンやコミュニティ活動で応用できるグラフや表の作成について学習します。グラフと表を配置したビジネス文書のレイアウト手法についても練習しますので、印刷物作成はもちろんのこと、ビジネスやレポート作成などにも大いに役立つでしょう。

1時間46分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。