PhotoshopでWebデザイン

スクリーン用デザインの時代

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
最近のウェブデザイナーのカバー範囲を確認していきます。
講師:
01:04

字幕

では、始めていきましょう。まず、Web デザイナーWeb デザインをする人なんですがこの Web デザイナーのカバー範囲を共通認識を作って行きたいと思います。昔だと、Web デザイナーといえば個人や会社のWeb サイトを一人で作ってしまう人のことでした。しかし、Web サイトもどんどん複雑化しWeb サイトでできることも増えWeb サイトの見た目、グラフィックを作る人を Web デザイナーその Web サイトを機能するようにコードを書く人がWeb ディベロッパー、Web コーダーというふうにわかるできました。このクラスでは、そんな Web サイトの見た目の方のつく方を見ていきます。難しいことは一切ありません。また、最近はパソコン用だけにWeb サイトを作っていればいいではなくタブレット用、スマートフォン用と勝手の違うデバイス用にもWeb デザイナーはデザインをする必要が出てきました。共通しているのは印刷物ではなくスクリーンに表示するためのデザインをしていくということなのでスクリーンデザイナーとして大きく Web デザイナーを捕らえて行きたいと思います。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。