PhotoshopでWebデザイン

モバイルサイト用のドキュメント

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートフォンやタブレットに向けた新規ドキュメントの作成方法と各デバイス用のプリセットの登録方法をみていきます。
講師:
03:31

字幕

スマートフォンやタブレットのモバイル用のドキュメントの始め方を見ていきましょう。ほとんど同じです。「ファイル」>「新規」モバイルの場合この「プリセット」に「モバイルとデバイス」という項目があります。これをクリック。そうすると実はこの「サイズ」の項目にありっとあらゆるモニターサイズスクリーンサイズが入っています。しかしPhotoshop はすごしシャイすぎで名前が書いていないですね。この「320×480」は何のデバイスかちょっと分からないですね。なので、よく使うデバイスだけプリセットとして名前を登録しておきましょう。一番よく使うのが多分 iPhone だと思います。知られました、iPhone のサイズ「640×1136」らしいです。これで、下三つは全部変わりません。スクリーンベースのデザインは基本的に「72 RGB 白」ですね。この「カンパスカラー」はもし背景色変えたい場合は色変えてもぜんぜん構いません。「白」からいくのはどうでしょう。「プリセットを保存...」この名前を iPhone一応番号「5」としましょうか。「iPhone5(s)」でも構いません。同じでしたねOK。今度、次によく使うのが iPad ですね。 iPad も調べました。横幅が「1536」です。高さが、iPad は「2048」ですね。この三つはスクリーン用は変わらないです。「プリセットを保存...」これは iPad Air MiniOK。次に、序でにとしましょう。Nexus 5Nexus 7 いきましょうか。Nexus 5 は横幅が「1080」です。高さが「1920」のいわゆるフルHDですね。「プリセットを保存...」「Nexus 5」と、N-e-x-u-s「Nexus 5」OK。序でに、Nexus 7 も行きましょうか。Nexus 7 は少し広めに「1200」の幅があります。高さは変わらずです。「プリセットを保存...」「Nexus 7」とOK。登録しておくと十回以降、このプリセットを開いてiPhone のデザインを始めようかなという感じにクリックするとすぐにそのサイズが出てきます。後は名前をつけてiPhone のデザインだようとOK。押してあげるとこんな感じにiPhone の Web デザインを始めることができます。プリセットとして登録しておくことでいろんなデバイスに簡単に対応することができます。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。