PhotoshopでWebデザイン

色の変え方

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopが扱うことのできるさまざまなレイヤーに色を塗る方法をみていきます。
講師:
03:21

字幕

では、Photoshop の各レイヤーの色の変え方を見ていきましょう。まずはBackgroundBackground の色を変える時は色を選択してから「編集」>「塗りつぶし...」「背景色」もしくは「描画色」を選択します。この場合「描画色」の方で塗りつぶしたいので「描画色」を選択してOK ボタンを押します。そうすると簡単に背景の色を変えることができました。ショートカットキーを見ていきましょう。別の色を選択します。Mac の場合は Shift+DelWindows の場合はShift+Backspaceを押します。そうすると、「塗りつぶし」のウインドウを開くことができます。後は「描画色」か「背景色」を選んでOK。簡単に変えることができました。今度はウィンドウを出さずにもっと素早くショートカットキーで色を変えたいと思います。Mac の場合は Option+DelWindows ではAlt+Backspace を押します。そうすると、一瞬でこの描画色に色を変えることができます。では、次にボタンのレイヤーですね。この二つはシェイプレイヤーです。シェープレイヤーの色の変え方は簡単です。「レイヤー」パネルからサムネールをダブルクリックそうすると、「カラーピッカー」のウインドウが出てきます。 この「カラーピッカー」のウインドウ内で色を選んであげれば簡単に色を変えることができます。もしくはシェイプレイヤーを選択した後にこの「シェイプツール」に持ち替えます。そうすると左上に「塗り」という項目があるのでここを開いて自分の好きな色を選択します。簡単に色を変えることができます。では、次は文字レイヤーですね。文字レイヤーはこのサムネールをダブルクリックすると全ての文字が選択になります。選択になってから好きな色をこう選択するとその色に変更を加えることができます。後はこのまるボタンで確定します。もう一個文字れイヤーの色の変え方があります。先に色を選択しておいてから文字のレイヤーを選択してOption+Delもしくは Alt+Backspace を押してあげます。そうすると、背景の色を変える要領で簡単に色を変えることができます。一番上のこの Slider もシェイプレイヤーですね。ダブルクリックで「カラーピッカー」を出して色を変えてみます。この様に、色々な方法で色を変えることができます。自分のワークフローに合った一番やりやすい方法を選んで使っていくといいでしょう。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。