PhotoshopでWebデザイン

レイヤーの自動選択

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CS6から新しく加わったレイヤーの検索とフィルターの機能に的を絞ってみていきます。
講師:
02:07

字幕

選択ツールの自動選択とそのオプションについて見ていきましょう。各レイヤーはそのレイヤーを「レイヤー」パネルで選択することによって触ったり編集することが可能になっています。例えば「2段目」のこの「2写真」を選択します。ドキュメント上でこの一番上の写真を触ろうとしても「レイヤー」パネルでは2番目が選択されています。画面上をクリックドラッグするともちろん二つ目の写真が移動します。戻す場合はCtrl/Command+Z。しかしここではもう少し直感的にこのドキュメントのレイヤーを直接マウスでこう摘むようにしていきたいと思います。選択ツールになっていることを確認して一番左上「自動選択」にチェックを入れます。こうすることによって直接マウスの下にある画像を触ることができます。このほうが作業し易いですよね。戻したい場合はCtrl/Command+Z。更に戻す場合は、Ctrl/Command+Option/Alt+Zどんどん押していきます。今この「自動選択」のオプションがレイヤーになっています。このオプションには「グループ」があります。もし「グループ」にしてあるとこの一番上の写真動かそうとするとこの三つ含んだグループごと動かす感じになります。 というのも、この写真、一番目の写真は「1段目」というグループに入っているのでそのレイヤーを内包するこのグループごと触る形になります。ここでは、選択ツールの「自動選択」とそのオプションを見ていきました。次は、Adobe CS6 から導入されたレイヤーの検索機能を見ていきます。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。