PhotoshopでWebデザイン

レイヤーカンプでデザインチェック

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ドキュメント上のレイヤーを直接選択する自動選択とそのオプションをみていきます。
講師:
03:24

字幕

ここでは、Photoshop のレイヤーカンプを見ていきましょう。この機能はレイヤーの表示/非表示の組み合わせやレイヤーの位置を記憶させることができる機能です。「レイヤーカンプ」のパネルを出しましょう。「ウインドウ」>「レイヤーカンプ」を探します。少し大き目に取ります。今は文字とボタンと背景がこんな感じに表示されています。背景は青この状態をまずは記録させます。「レイヤーカンプ」の右下の「新規」ボタンをクリックします。背景が青いので「レイヤーカンプ名:青」としましょうか。OK。今度はこの青いレイヤーを隠して緑色のレイヤーを表示にします。この組み合わせを記憶したいので「レイヤーカンプ」のパネルから「新規」ボタンを押します。背景が緑色なので「緑」としましょう。OK。最後に、赤色の背景をオンにして緑を隠します。この組み合わせを記憶したいのでまた「新規」ボタンを押して今度は「赤」としましょうか。OK。こういう風に登録しておくことで簡単に、例えば緑色の背景に戻るとか青に戻るとかそういうことは簡単にできます。レイヤーの表示/非表示の組み合わせだけではなくて場所も記憶させることができます。例えば、この青の時にボタンを少し動かしましょうか。 この「Sign in」と「Log in」を両方選択してキーボードの「↓」をShift を押しながら押して少し作業とします。こういうデザインにしてこれを今度さっき作ったこの「青」のレイヤーカンプに上書きして保存したいと思います。そういう場合はこの「更新」ボタンを押します。そうすると、「赤」「緑」「青」の時はボタンが下のほうにあるという風に表示/非表示の組み合わせだけではなくて場所も記憶させることができます。更に、「レイヤーカンプ」のこの下の左右の三角形これを押してあげるとこんな感じに、レイヤーカンプをくるくる回しながら変えることができます。ここでは、レイヤーカンプの機能を使って複数のデザインパターンを記憶させる方法をカバーしました。この機能は、クライアントやディレクターにデザインのパターンをプレゼンテーションをする時に非常に効果的な機能になっています。是非、使ってみてください。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。