PhotoshopでWebデザイン

3Dテキスト

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
3Dレイヤーをみていきます。
講師:
02:55

字幕

3D テキストの作成方法を見ていきたいと思います。まず、3D にしたいレイヤーを選択します。この THE FUTURE IS NOW...を 3D 化していきます。この 3D の機能はPhotoshop CS6 からの新機能になっています。「3D」> 「選択したレイヤーから新規 3D 押し出しを作成」これをクリックします。そうすると、3D パネルが開いて選択したレイヤーが 3D 化します。何もない所をクリックドラッグしてあげるとこんな感じに、3D 化したオブジェクトを動かすことが出来ます。クリックして、横に動かしたり手前に動かしたりすることが出来ます。回転、拡大も可能です。この機能のすごい所は後から文字を編集することが出来ます。「文字ツール」に切り替えてこの3Dレイヤーの上を右クリック「テキストを編集...」そうすると、こんな感じにpsb というテンポラリーのPhotoshop ファイルが開きます。この状態で例えば「3D is Cool!」というふうに打ってあげます。確定してcommand/Ctrl + S でSave してあげます。そうすると、オリジナルのファイルにそれが反映されています。 「3D is Cool!」この 3D のレイヤーは実際にレンダリングを掛けるまではこんな感じのジャギジャギしたエイリアスリングの起きた画像になっています。「レイヤー」から3D 化したレイヤーを右クリック「レンダリング」を掛けます。レンダリングが終わるとこの 3D のレイヤーはかなりスムーズになっています。この状態でもまだ 3D の中で動かすことが出来ます。もし、ほかのレイヤーのようにピクセル化したい場合は右クリックから「 3D をラスタライズ」をしてあげると他のレイヤーのようにピクセルの画像として扱うことが出来ます。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。