PhotoshopでWebデザイン

スプライト画像

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スプライト画像について理解していきます。
講師:
01:35

字幕

この章では、画像のスプライトについて見ていきたいと思います。こういった画像がスプライト画像呼ばれているものです。どういうものかスプライトは、ウェブの訪問者ウェブサイトに来てくれた人にストレスなくウェブサイトを見てもらう為に開発されたテクニックの一つです。どういうことか一つの画像の中に複数の画像を内包しています。こんな感じですね。埋め込んであります。一回ダウンロードしてしまえば後で別の画像を表示する時にCSS で座標 X から YX/Y この辺りを表示してください。座標 X/Y、この辺りを表示してくださいと切り替えるだけで済むんですね。もしこれをバラバラのイメージ画像として保存した場合、10個ですよね。この10個の画像をウェブの訪問者、閲覧者は毎回毎回サーバーにアクセスしてダウンロードして表示するという手間がかかります。時間もかかります。例えばこの色が付いたアイコンと色が付いていないアイコンご想像付くかと思うんですがマウスカーソルが乗っかったら色が付くとかマウスカーソルが乗っかったら色が消えるという風にしたいと思いっています。その時に、乗ってから画像を読み込みにいって表示するでは時間がかかってしまいますよね。 初めからダウンロードしてある画像の座標を変えるだけであれば、一瞬です。そういう風にユーザーエクスペリエンスをより良くする為に開発されたのがスプライトになっています。この章では、そのスプライトの作り方を見ていきたいと思います。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。