PhotoshopでWebデザイン

画像のフィット機能

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フォルダの中の画像ファイルを指定したサイズにちょうど収まるサイズに縮小する方法をみていきます。
講師:
04:06

字幕

オンラインショップの商品画像やブログで使う写真などサイズの違う大量の画像を特定のサイズに納まるように変更する必要がある場面は多いかと思います。ここでは、指定したサイズにの中に納まる様なサイズの変更方法を見ていきたいと思います。「ファイル」>「開く...」Chapter 11 のフォルダの中にFit Image というフォルダがあります。今回はこの四枚の画像を使用して特定のサイズに納まる様にサイズの変更をしていきます。一番上の retro_car を選択して開きます。この画像かなり大きいサイズになっています。下の方を見てみると「2560px×1920px」になっています。この画像を「800×800」の正方形に納まる様なサイズの変更を加えていきたいと思います。他の三枚の画像にも同じ処理を加えたいのでアクションを登録していきます。「アクション」パレットを開いて新規の「アクションセット」を作成します。Fit Image としましょう。Fit ImageOKこの中にアクションを作成していきます。「新規アクション」で「800px」とします。[ファイル」>「自動処理」>「画像のフィット...」を選択します。 ここでサイズの指定をします。「800×800」のサイズにフィットする様に縮小してくださいという風な宣言をします。もし、画像が「800×800」よりも小さい場合自動的に拡大してしまいます。そういう場合は、この「拡大しない」にチェックを入れてあげると拡大の処理はなくなります。これで OK を押します。「アクション」に「画像のフィット」が登録できたので、「停止」ボタンを押します。ではこのアクションを使って先ほどの Fit Image のフォルダの中の四枚の画像を全て「800×800」のサイズに納まる様にしていきたいと思います。「ファイル」>「自動処理」>「バッチ...」Fit Image のアクションセットから「アクション:800px」を選択します。フォルダ指定でフォルダはFit Image を選択します。中に四枚画像が入っています。「選択」「実行後」は「デスクトップ」の方に保存して欲しいと思います。デスクトップに新規フォルダでFit Image としましょう。こう「選択」します。名前は元々のオリジナルのドキュメント名を使ってほしいのでドキュメントの名前を選択します。その後に「2 桁のシリアル番号」を追加します。 「拡張子(小文字)」を選択します。「開始シリアル番号:1」で大丈夫です。1 番から01、02、03と始まっていきます。Windows、Unix の「互換性」にチェックして、OKを押します。そうすると自動的に Fit Image の中の画像がリサイズされて全て「800×800」のサイズに納まる様にサイズが変更されています。「800×600」「532×800」「800×638」この様に特定のサイズの中に画像が納まる様にサイズの変更を加えたい時は「画像のフィット」を使用します。

PhotoshopでWebデザイン

このコースではウェブデザイナーの方を対象に、Photoshopを使ってWebグラフィックやワイヤーフレーム、サイトのモックアップを作成する方法を学習します。具体的には最大効率化するためのカスタムWebワークスペースの作成やカラーリング方法、グラフィクスを最適化する方法を学びます。

4時間27分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。