自由自在!WordPress上級

子ページのみのリストを表示する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
階層構造をもたせた固定ページに対して、あるページの子ページだけをリスト表示する方法を解説します。
講師:
08:40

字幕

このレッスンでは 固定ページのみのリストを 表示する方法について学習します 今架空のある会社のホームページ という設定のサイトを作っています WordPress の固定ページは 工夫次第によっては 様々な使い方応用ができます 色々な応用の仕方を このサイトを作りながら 見ていきたいと思います とてもシンプルな構造のサイトですが コンテンツとしては ニュース 事業案内 会社概要 そしてプレスリリースがある様なサイトです 固定ページは特に会社の サイト等を作る時に とても便利だと思います この様な形で 事業案内というコンテンツと 会社概要というコンテンツそれぞれに 紐付く固定ページを作っています ニュースやプレスリリースは 投稿の機能を使って作っています それぞれのページには 最初にトップページがあって それぞれの階にある コンテンツを表示しています そして一つの事業を開くと その事業の詳細ページが表示されます 左ナビゲーションには他の事業へのリンク そしてメインの部分には その事業の詳細ページが表示されます 更にパンくずナビゲーションを表示して サイトの移動をし易くしたいと思います それでは最初にこの固定ページが 実際にどの様にまとめられているのかを 管理画面から確認してみたいと思います すいません 固定ページを開きます 会社概要というページと 事業案内というページがあって その下にそれらを親に持つページとして 子ページを追加しています それぞれの編集画面には 親という所に 事業案内か会社概要を 選択しているという事ですね 投稿にはない固定ページの 非常に便利な機能が この親という機能です これによってページを グルーピングして行く事ができます そしてこのグループの中での並び順ですが 順序というこれも 固定ページだけにある機能です 並びたい順番に 1.2.3.4.5 という様な具合で 順番を振っていきます それではテーマを作成途中のものに切り替えて 実際にページを作っていきたいと思います この部分にページを表示していきましょう それではエディターを開きます 既に必要なテンプレートファイルを作成し JavaScript ですとか画像 それからスタイルシート等は記述しています 最初に header.php と footer.php を 確認しておきたいと思います header.phpには html の ヘッダー情報を書いておきます そして body タグを書いて ヘッダーも書いています サイト名やキャッチフレーズ それからナビゲーションのメニューも 書いています site_url というテンプレートタグは トップページへの url を 表示してくれるタグですが この様にパラメータに パスを書いておくと http から このパスまでの URL を 表示してくれます それから main_visual トップページに表示している 写真もここで変えています トップページにだけ表示したいので is フォームという トップページかどうかを判別する 条件タグを書いて if 文で判別をしています 次に footer.php を確認しておきます footer.php にはコピーライトがある フッターのみが書いてあります それでは早速トップページを 書いていきたいと思います index.php を開きます index.php も get_header や ニュースそれからプレスリリース それから get_header 等 基本的な構造は 既にコーディングしている状態になっています それでは事業案内と 会社概要の子ページのリストを それぞれ表示してみましょう ページのリストを表示するための 最も簡単なテンプレートタグが wp_list_pages です このタグを使えば ページのリストが表示されます そしてこのタグにはですね 様々なパラメータを 付けることができるんですが あるページを親に持つ子ページだけを 表示した場合には この child_of という パラメータを使います この様に表記します title_li というのは 既にタイトルはここに書いていますので 何も表示したくない場合には この様に = だけ書いて 何も指定しなければ出なくなります そしてwp_list_pages は list タグで 表示されますので ul タグで囲っておきます 会社概要の方も同じ様に書いていきます child_of そして固定ページの id を記述しておきます はい 書けました 書けたら 保存をしてアップロードをしておきます この child_of に指定する 14 とか 4 という数字なんですが これはその固定ページの id になります 固定ページの id は管理画面から 確認できますので管理画面に移動します 固定ページを開いて 調べたい固定ページの編集画面を開きます そうすると URL に post=4 という風に出て来ます この 4 がこの会社概要の id になります 同様にですね事業案内をクリックすると post=14 という風に出て来ますので このページの id は 14 である事が分かります それでは実際に トップページを表示してみましょう それぞれの子ページだけの リストが表示できました とても便利な機能ですので 是非覚えておいて下さい このレッスンでは 子ページのみのリストを 表示する方法について学習しました

自由自在!WordPress上級

このコースではWordPressを利用したさまざまな種類のサイトを構築しながら、より実践的なテクニックを解説します。コースの前半はカスタムフィールド機能などについて説明しながら、後半では自由度の高いサイト構築が可能になるマルチサイトについても学習します。

3時間17分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 2,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。