StarlingフレームワークによるStage3Dを使った2次元表現

Tweenクラスを使ったトゥイーンの手順とメソッド

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Tweenクラスを使ったトゥイーンを定める手順と用いるメソッドについてご説明します。
講師:
03:39

字幕

Tween クラスで トゥイーンアニメーションを定める時の 手順と使うメソッドについて ご説明します トゥイーンは一番基本的なところで オブジェクトの位置を 動かすということで考えてみましょう トゥイーンを定める手順は 3 つです 先ず Tween クラスの インスタンスを作ります そして次に その Tween インスタンスを使って トゥイーンを定めます 今回は 移動するというトゥイーンを 定めたいと思います そして 3 番目に Juggler というオブジェクトに トゥイーンを加えます これによって トゥイーンが実際に 動き出すということになります 具体的に使うメソッドについて 紹介していきましょう Tween インスタンスを作るのは お約束通りです Tween クラスの オブジェクトを作りますので Tween のコンストラクタを new 演算子で呼び出します 引数は 3 つあります 先ずインスタンスというのは これはトゥイーンをさせる 今回は移動させるわけですが そのインスタンスです 次に どれくらいの時間をかけて トゥイーンを行うかという 時間を定めます そして最後に これがトゥイーンの 面白い所なのですが その動き方です 動きの変化の仕方 デフォルトではリニア つまり比例で動くのですが イージングの関数を渡してあげると 例えば段々加速をしたり あるいは バウンドをしたりといった― 様々な変化をさせることができます 次に Tween オブジェクトに対する トゥイーンの定め方です 使うメソッドは Tween する プロパティによって変わってきます 今回は移動について考えますので その場合には Tween オブジェクトに対して moveTo というメソッドを呼び出します そして これは移動のメソッドですから 渡すのは x 座標 y 座標です ここまでが トゥイーンの設定です これだけでは未だトゥイーンが実際に アニメーションとして動きません アニメーションとして動かすためには 3 番目の Juggler というオブジェクトに Tween オブジェクトを 加えなければなりません Juggler というのは Starling オブジェクトが 持っています その Juggler オブジェクトに対して add というメソッドを呼び出し その引数として Tween のオブジェクトを渡します これで実際に 設定されたトゥイーンが アニメーションとして 動き出すことになります Tween クラスで トゥイーンアニメーションを 定める手順を もう一度おさらいします 手順は 3 つ Tween インスタンスを作り 2 番目にトゥイーンを オブジェクトに対して定め 3 番目に Juggler というオブジェクトに Tween オブジェクトを加えます 使うメソッドは 先ず Tween インスタンスを作るのは コンストラクタ Tween です new 演算子で コンストラクタを呼び出し 渡す引数は 3 つです トゥイーンさせるインスタンス 2 番目が トゥイーンにかける時間 3 番目はトゥイーンの 変化のさせ方です 2 番目のトゥイーンを定める手順の moveTo というのが 移動するためのメソッドです プロパティによって 変わってきますが moveTo が移動で x 座標 y 座標を 引数として定めます そして最後に Starling オブジェクトが持っている- Juggler というオブジェクトに Tween オブジェクトを add メソッドで加えます これで Tween クラスが設定され トゥイーンアニメーションが 再生されることになります

StarlingフレームワークによるStage3Dを使った2次元表現

StarlingはFlash Player 11の新しい描画機能Stage3Dに基づいて作られた2次元の描画用フレームワークです。このコースではStarlingフレームワークによるクラス定義の基礎から、トゥイーンアニメーションやマウスインタラクション、そして最近のバージョンで実装された新しい機能まで解説していきます。

5時間09分 (40 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
プログラミング
価格: 3,990
発売日:2014年01月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。