StarlingフレームワークによるStage3Dを使った2次元表現

Tweenクラスのトゥイーンを定めるメソッド

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Tweenクラスで用いるメソッドは、トゥイーンするプロパティによって異なります。
講師:
02:30

字幕

Starling フレームワークの Tween クラスを使った トゥイーンアニメーションでは 3 つの手順で トゥイーンを定めます 先ず第 1 は Tween オブジェクトを作ります new 演算子で Tween コンストラクタを 呼び出して Tween のオブジェクトを変数に収めます その Tween オブジェクトに対して どういうトゥイーンをするのか というのをメソッドで決めます moveTo というのは 位置を定める 位置をトゥイーンするメソッドです そして 3 番目に Starling オブジェクトが持つ Juggler というオブジェクトに Tween インスタンスを add というメソッドで加えます これで トゥイーンアニメーションが実行されます トゥイーンを定めるメソッドは moveTo 以外にも 他のプロパティを トゥイーンさせることができますので 他のメソッドをご紹介しましょう Tween クラスの Tween を定めるメソッドで 位置プロパティで言えば x と y を動かすのが moveTo というメソッドでした 引数には x 座標と y 座標を渡します トゥイーンするオブジェクトを 拡大したり縮小したり つまりプロパティで言えば scaleX や scaleY を変化させるのが Tween クラスの scaleTo というメソッドです こちらは x と y とには分けずに 伸縮率を一個だけ引数として渡します オブジェクトのアルファを フェードインしたり フェードアウトしたりと アルファを変更するのが Tween クラスの fadeTo メソッドです 引数にはアルファの値を 0 から 1 の間で指定します なお伸縮率も同じように 0 から 1 の値です Tween クラスの トゥイーンを定めるメソッド 3 つをもう一度確認します 先ず位置を変化させる プロパティ x と y にあたるのが moveTo というメソッドで 引数には x 座標と y 座標を渡します 次に拡大したり縮小したり プロパティで言うと scaleX と scaleY の 変化にあたるのが scaleTo というメソッドです 引数には 0 から 1 の間の 伸縮率を渡します 3 つ目がアルファをフェードインしたり フェードアウトしたりという fadeTo というメソッドです アルファを 0 から 1 の間の値で 引数に渡します これらのメソッドを組み合わせて使えば 様々なトゥイーンが実現できます

StarlingフレームワークによるStage3Dを使った2次元表現

StarlingはFlash Player 11の新しい描画機能Stage3Dに基づいて作られた2次元の描画用フレームワークです。このコースではStarlingフレームワークによるクラス定義の基礎から、トゥイーンアニメーションやマウスインタラクション、そして最近のバージョンで実装された新しい機能まで解説していきます。

5時間09分 (40 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
プログラミング
価格: 3,990
発売日:2014年01月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。