自由自在!WordPress上級

カテゴリーを使ったコンテンツの分離

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カテゴリーを階層化することで、カテゴリーを使ってコンテンツを分離することができます。
講師:
06:47

字幕

このレッスンでは カテゴリーを使って コンテンツごとに分離して 表示する方法について学習します 架空の会社のウェブサイトを使って 色々なカテゴリーの使い方について 学習していきたいと思います このサイトにはニュースと 事業案内と会社概要と プレスリリースという 四つのコンテンツがあります 事業案内と会社概要は 固定ページを使って表示しています ニュースとプレスリリースは 最新の記事がどんどんリストで 並ぶ様にしたいので 投稿を使って管理しています 投稿をこの様に 二つのコンテンツがある様に 見せるための方法について 解説していきたいと思います それでは先ず管理画面を見て 実際のどの様な 構造になっているのかを 確認してみたいと思います カテゴリーを表示します カテゴリーの構造ですが この様に親子関係のカテゴリーを 二つ設定しています ニュースというカテゴリーの中に 四つのカテゴリー そしてプレスというカテゴリーの中に 二つのカテゴリーがあります 実際の記事はこの子カテゴリーの方に 登録をしていて ニュースとプレスリリースには 投稿を入れていません この様にですね 親子関係を使う事によって あるカテゴリーのグループ そしてあるカテゴリーのグループという風に グループを作る事ができます このグループを上手く使って ニュースとプレスリリースのコンテンツを 分けて表示していきたいと思います それでは 制作のテーマに切り替えます 先ず最初にトップページを 作っていきたいと思います ここにニュースのカテゴリー内にある記事 こちらに プレスリリースのカテゴリー内にある記事を 表示していきたいと思います それではエディターに移動します トップページを表示する index.php を 編集していきます 最初にニュースの所からスタートします ある条件で 投稿記事を取得するための テンプレートタグと言えば query posts ですね query posts は category_name という パラメータを与える事で ここで指定したカテゴリースラッグの含まれる そのカテゴリーに含まれる 記事だけを取得する事ができます そして posts_per_page を使って 表示する 記事の件数を指定します query posts が書けたら 例によって メッセージループを書いていきます リストタグで一つ一つの記事の タイトルと日付を 表示していきます リンクは permalink で 表示する事ができます そしてタイトルは the title ですね そして書けたら メッセージループを終了させます そして query posts を書いたら必ず wp_reset_query を書いておきます はい 書けました 書けたら保存をして サイトでの保存を確認してみましょう ニュースの所に 3 件 ちゃんと表示されました 同じ要領でプレスリリースも 出していきたいと思います ここですね 先ほどの 記述がほぼ多分使えると思うので これをコピペしていきます ul タグを閉じるのを忘れていました それではプレスリリースにも 同じものをペーストして 書いていきます 今度はプレスリリースの カテゴリースラッグを指定します そして post_per_page=2 にしておきます 後は同じで大丈夫そうなのでこれで 保存をして確認をしてみましょう プレスリリースのニュースが表示されました query posts を使うと この様に一つの画面内で 異なる条件の投稿のリストを複数 取得して表示させる事ができます 特にカテゴリーを上手く使えば 二つのコンテンツが別々に 登録されている様に 画面上に表示する事ができます このレッスンではカテゴリーを使って コンテンツを分離して表示する方法を 学習しました

自由自在!WordPress上級

このコースではWordPressを利用したさまざまな種類のサイトを構築しながら、より実践的なテクニックを解説します。コースの前半はカスタムフィールド機能などについて説明しながら、後半では自由度の高いサイト構築が可能になるマルチサイトについても学習します。

3時間17分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 2,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。