写真家のためのBridge CC入門

Bridgeの環境設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Bridgeの環境設定内の項目について解説します。
講師:
05:52

字幕

このビデオではBridgeの 環境設定について解説します Bridgeの環境設定ですが Macの場合は Adobe Bridge CCの中にあります Windowsの場合は 編集メニューの中にありますので そちらから起動してください では環境設定を開けてみましょう まず、このようにウインドウが表示され 左側の項目をクリックすると 中身が入れ替わって それぞれ詳細を設定することができます では、上から見ていきましょう まず、アピアランスというところですが カラーテーマをクリックすると 画面が暗くなったり明るくなったり Bridgeの見た目を変えることができます もともと入っているカラーテーマでもいいですし スライダーで自分の好きな 明るさに調整してもオッケーです その他、アクセントカラーという 選択されている部分の色などにも設定できます その下の動作ですが 例えばカメラを接続したときに Adobe Photo Downloaderという デジカメから写真を読み込む ツールが起動したり そのような場合の動作が設定できます その下にある、お気に入りに表示する項目です お気に入りというのはこの部分ですね オンオフすると表示する内容が変わってきます 下のリセットボタンですが、Bridgeの中で 警告のダイアログが出た場合 表示しないというチェックをしておくと 表示されなくなるのですが そういったものをまた表示させたいと思ったときに リセットボタンを押すと また表示されるようになります 続いてサムネールの項目ですね サムネールとは、写真の内容が 一覧でわかる、このようなものですが あまり大きなファイルのサムネールを 作っていると処理速度が遅くなるので 最大、この容量までのサムネールを 作りますというような設定がこちらです 詳細ですが、通常はサムネールと ファイル名だけが表示されていますが 例えば、作成日を一緒に表示したりなどの オンオフが行えます 次は、再生の項目、これは主にオーディオや ビデオのプレビューをするときの項目です 例えばオーディオ、ビデオを再生しているときに ループ再生するかなどの設定が行えます 次が、メタデータですね メタデータというのは 写真などの本来のファイルの 中身に加えた 副次的な様々な情報の中の どれを扱うかといった設定ができます キーワードは、Bridgeの中ではキーワード をつけて検索をしやすくすることができ そのキーワードを付ける際の ルールの設定がここで行えます 次がラベルです ここのファイルに対して 例えば、承認済みとか 作業用のファイルはこれ、いうような ラベルを貼ることができます そちらをショートカットキーで 貼ることができます その設定をここで行います ファイルタイプの関連付けでは Bridgeの中で表示されている ファイルをダブルクリックすると どのアプリケーションで開くかを 設定することができます 例えばJPEGのファイルだったら ダブルクリックすれば Photo Shop CCで開く、といった 設定を行うことができます 他のソフトが良い場合には 他のものを選択すると変更ができます 次にキャッシュですが サムネールを作る際に 処理を早くするためキャッシュを作成しますが その保存先や どのぐらいの数まで保存するか この数が大きいほど表示は早くなりますが その分ハードディスクを圧迫したりするので すべて元に戻したい場合は キャッシュを削除で 容量を減らすことができます スタートアップスクリプトでは Bridgeと連携して様々なソフトが使えますが その連携を行う機能のオンオフがここで行えます 全く使わない機能は 連携をオフにすると 若干、パフォーマンスが 向上する場合があります 最後、詳細設定ですが 例えばこのサムネールの表示を ビデオカードを使わず ソフトウェアで行ったり パソコン自体にログインしたときに Bridgeを起動する、などの設定が行えます 最後にインターナショナルという ところですが 使用する言語やキーボードの種類を ここで設定できます たいてい日本語のOSでインストールしていれば 自動的に日本語になりますので 特殊なケースを除いては 変えなくてもいいかと思います このように環境設定には色々な項目がありますが Bridgeの機能を覚えていくと 様々な設定が理解できることが多いので 時々環境設定の中を見返して このような項目があったことを 思い出してください

写真家のためのBridge CC入門

Adobe Creative Cloudに入っているBridgeは、写真などの素材を素早くプレビューしたり整理したりするソフトです。Bridgeを使うことで画像素材の扱いを劇的に効率化することができ、貴重なクリエイティブワークの時間をより多く確保することが可能となります。このコースではBridgeの基本的な使い方について解説します。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Bridge Bridge CC
カテゴリー
画像編集
画像管理
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日
再生時間:1時間11分 (25 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。