写真家のためのBridge CC入門

ワークスペースについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワークスペースの使い方や、独自のワークスペースの作成方法を解説します。
講師:
03:22

字幕

このビデオでは、Bridgeの ワークスペースについて解説します Bridgeが起動している状態で 上の方にある 初期設定とかフィルムストリップ、 メタデータなどの項目が並んでいますが こちらをワークスペースと呼びます クリックしてみると、様々な形に ウインドウの構図が変わっていきます それぞれの作業に最適な形に ウインドウの配置が直された プリセットのことを ワークスペースと呼んでいます 今出ている項目はこれだけですが 右側の▼をクリックすると 他の項目もこれだけあります あと、この線の部分をドラッグすると もっと多く表示させることもできます ワークスペースと同じものが ウインドウメニューの 「ワークスペース」にも入っています そしてBridgeですが 例えばこのウインドウの配分とか どのウインドウに何が入るか カスタマイズができます 例えばこのウインドウ同士の 境目にポインターを持ってくると 両側の矢印になるので これでドラッグすると このように表示の配分を 変えることができます また、ひとつのウインドウには 複数のタブが入っており 例えばこのプレビュータグを ドラッグしてくると ドラッグした先に青い枠が当たるので 枠が当たったところにドロップすると 移動させることもできます こんな形で移動させて 右側が空になったので なくしてしまうこともできます こうして自分で作った 使いやすいレイアウトがあったら ウインドウメニューのワークスペースの 新規ワークスペースをクリックすると 新たにワークスペースとして 保存することができます ここに例えば「テスト」と入力し 保存すると ワークスペースに項目が追加されたので 例えば他の形にしても ワンクリックで先程の形に戻れると このように自分の好きなワークスペースを 保存しておくことができます やっぱり使わないかなと思ったときは 「ワークスペースを削除」をクリックし 削除したい項目を選択すると 削除することができます そして、初期の状態に戻したい場合は 初期設定にしたうえで ウインドウのワークスペースから 標準のワークスペースにリセット、を実行すると 基本形の状態に戻ります このような形でもともと入っているものと 自分独自に作ったもの 両方合わせてワークスペースを活用し 効率的な作業を行ってください

写真家のためのBridge CC入門

Adobe Creative Cloudに入っているBridgeは、写真などの素材を素早くプレビューしたり整理したりするソフトです。Bridgeを使うことで画像素材の扱いを劇的に効率化することができ、貴重なクリエイティブワークの時間をより多く確保することが可能となります。このコースではBridgeの基本的な使い方について解説します。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Bridge Bridge CC
カテゴリー
画像編集
画像管理
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日
再生時間:1時間11分 (25 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。