自由自在!WordPress上級

自分が属するグループのカテゴリーの一覧を表示

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
投稿ページで、その投稿ページが属するカテゴリーグループのメニューを表示するための方法を解説します。
講師:
06:29

字幕

このレッスンでは 投稿ページに 自分が属するカテゴリーグループの一覧を 表示する方法を学習します ニュースの一覧では そのニュースの中に含まれるカテゴリーを リストで表示しています ある 子カテゴリーのページを開くと 同じように ニュースを親に持つカテゴリーのリストを 表示するようになっています 記事の詳細ページを開くと まだここには 何も表示されていませんので 記事の詳細ページでも 同じように 自分が属するニュースであれば ニュースのカテゴリーの一覧 プレスリリースであれば プレスリリースのカテゴリーの一覧を 表示する様にしたいと思います それではエディターに移動します 投稿ページは single.php で作成できますので single.php を編集します 既に今回のレッスンに 直接関係のない部分までは ある程度コーディングができています それでは最初に category.php で作成した このカテゴリースラッグを取得して そのスラッグ名から サイドバーを取得するコードを そのまま一度 コピペをしてみて どのような表示になるのかを 確認してみましょう アップロードして 画面をリロードします そうすると 何かおかしなものが 表示されてしまいました これはですね サイドバーが 正しく読み込めなかったために デフォルトの Dynamic Widgets ダイナミックサイドバーが 表示されてしまっているんですね ですのでコードを 見直す必要がありそうです ここに正しいスラッグが 渡っていないんですね 実はカテゴリーの一覧ページでは この get_category というのを使って カテゴリー ID を 変数 cat で渡すことが できたんですけれども 投稿ページには この変数 cat というのでは カテゴリー ID を渡すことができません 投稿ページではですね ちょっと似ているんですけれども get_the_category というのを使います get_the_category について 紹介ページを見てみましょう get_the_category は カテゴリー名や ID カテゴリースラッグなどを 取得するためのテンプレートタグです ループ内で使用します という風になっています ループ内で使用する となっているんですけれども 投稿 ID を渡せば その ID のカテゴリーを 取得する事ができます それではエディターに戻ります get_the_category に ポスト ID を指定すれば この投稿の カテゴリーが取得できます ただですね get_the_category は 一つのカテゴリー情報を 返すわけではありません 投稿というのは複数のカテゴリー情報を 持つことができますので cat_info というこの変数には 複数のカテゴリー情報が 入ってしまっている可能性があります 本来であれば 複数登録した場合の 処理も考えなければ いけないんですけれども 予め運用で 一つしかカテゴリーを 選ばないようにする といったような形で その処理を省略する事もできます 今回も必ず一つしか 投稿にはカテゴリーが 選択されていない という事を前提に 進めていきます この cat_info という変数には 複数のカテゴリー情報が 配列で入っていますので 一つしかない場合 そのカテゴリー情報というのは 一つ目の配列 つまり 0 番目に入っています ですので cat_info を cat_info の 0 番目で 上書きをしてしまいます この様にすればですね これ以降は 書き換える必要がありません 同じ処理で この投稿ページに設定された カテゴリー情報から 親カテゴリーがあるのであれば その親カテゴリーのスラッグ 自分自身が親なのであれば親の 自分自身のスラッグを 取得するコードが書けました アップロードができたら もう一度画面をリロードしてみます 詳細ページに移動して 正しく 表示されました 同じように左にナビゲーションメニューが 表示されています この様に上手くカテゴリーを使う事で ブログっぽくないデザイン ブログっぽくないナビゲーション いわゆるサイトのナビゲーションの様に 使う事ができます このレッスンでは 投稿ページに 自分が属するグループの カテゴリー一覧を 表示する方法について学習しました

自由自在!WordPress上級

このコースではWordPressを利用したさまざまな種類のサイトを構築しながら、より実践的なテクニックを解説します。コースの前半はカスタムフィールド機能などについて説明しながら、後半では自由度の高いサイト構築が可能になるマルチサイトについても学習します。

3時間17分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 2,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。