写真家のためのBridge CC入門

クイック画像の最適化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Bridgeから直接CameraRAWを起動して編集する手順を解説します。
講師:
01:51

字幕

このビデオでは、BridgeとCamera Rawの 連携について解説します これは、 Bridgeに表示されているフォルダです 中に入っているファイルの拡張子は 「cr2」になっています これは、一眼カメラで撮影された Rawファイルの一種です 「cr2」は、現像が可能なファイルです Bridge上でダブルクリックをした時に 自動的に、Camera Raw画像の設定を 呼び出すように設定できます 設定してみましょう Macは「Adobe Bridge CC」-「環境設定」 Windowsは「編集」-「環境設定」を 選びます 「環境設定」画面の「一般」を選びます ダブルクリックをして Camera Raw設定をBridgeで編集 これをONにしておきます この設定で、 Rawファイルをダブルクリックすると Camera Rawの現像の設定画面がでてきます このように、Rawファイルの設定をして 完了とすると このように写真に反映されます Camera Rawに、 直に飛ぶことができます 閲覧しながら、目に留まった写真を Camera Rawで加工することが できますので、大変便利です ぜひとも、このオプション設定、 「環境設定」-「一般」-「動作」の ダブルクリックをして Camera Raw設定をBridgeで編集 ここをONにしておいてください

写真家のためのBridge CC入門

Adobe Creative Cloudに入っているBridgeは、写真などの素材を素早くプレビューしたり整理したりするソフトです。Bridgeを使うことで画像素材の扱いを劇的に効率化することができ、貴重なクリエイティブワークの時間をより多く確保することが可能となります。このコースではBridgeの基本的な使い方について解説します。

1時間11分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Bridge Bridge CC
カテゴリー
画像編集
画像管理
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。