Premiere Pro CC アドバンス

4ポイント編集で編集したクリップを追加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
4ポイント編集は、トリミングした結果とシーケンスの配置場所をしっかりと認識しながら行う編集方法です。その成功のポイントを解説します。
講師:
10:47

字幕

このレッスンでは AdobePremiereProCC で トリミングを行う際 ソースモニター上で必要な範囲を設定し 更にシーケンスにも挿入の範囲を 指定して挿入する 4ポイント編集について 解説いたします。 PremierePro で範囲を指定して シーケンスにクリップを挿入する方法としては ソースモニター上で必要な範囲を指定して それをシーケンス上の指定したポイントに 挿入するという 3ポイント編集という方法がありますけど もう1つ、ソースモニター上で 必要な範囲を設定するのは同じなんですけど シーケンス上 所謂プログラムモニター上なんですけど ここでも挿入する範囲を指定して その指定した範囲の中に入れて下さいという ポイント4つ指定する 4ポイント編集(フォーポイント編集) あるいは4ポイント編集(よんポイント編集) とも言いますけど こういった方法があります。 ここではその方法について 解説いたします。 まずシーケンスの方に このクリップですね。 このクリップが配置されています。 次に、このシーケンスに配置した クリップに挿入するクリップとして これをちょっと選択します。 このクリップは指定した範囲を こちらに範囲を指定して挿入する という形になります。 では挿入する範囲を決めてみましょう。 例えばここから、という所ですね。 ここで「インをマーク」 このボタンをクリックして インポイントを設定します。 ここまで入れたいという 範囲を指定します。 ここでは「アウトをマーク」 このボタンをクリックして アウトポイントを設定します。 尚、設定したインポイントと アウトポイントですけど これ自由にドラッグして 調整できますし 範囲も真ん中にマウスを合わせると 手の平マークに変わりますので この状態でドラッグすれば 範囲も変えることができます。 これを今度 このシーケンスの方に挿入するんですけど シーケンスの方にも 挿入する位置を決めます。 シーケンスの方で挿入する位置を決める時には このプログラムモニター上で行います。 例えばこれを どこから入れたいか という所の、まず開始点ですね。 例えば、この辺から入れてほしいな という所で ここでもやっぱり「インをマーク」ボタン これをクリックして インポイントを設定します。 更にこの辺りまで入れてよ、という お尻の部分ですね、ここを決めます。 ここで「アウトをマーク」 このボタン、クリックします。 そうすると、アウトポイントが設定されます。 要するに、この範囲のクリップの映像を ここに入れて下さい、ということですね。 尚、プログラムモニター上で 設定した範囲ですけど 連動してシーケンスの方にも きちんと表示されています。 ここで、挿入するための 色々なボタン 例えば「インサート」ですとか あるいは「上書き」 このボタンを使っていくんですけど 分かりやすくするために ターゲットトラック、ちょっと変更してみます。 このままですと、このビデオトラック1、2に 設定したい範囲の中に 挿入あるいは上書きされて どんな風に上書きされたのか どのように挿入されたのか ちょっとわかりにくくなってしまいますので ターゲットトラックを Video2 こちらの方に入れるように オーディオは Audio2 の方に入れるように 設定しておきます。 この状態で、この「インサート」ボタン あるいは「上書き」ボタンを クリックするんですけど ちょっとクリックしてみましょうか。 そうすると 「ペースト範囲の調整」という ダイアログが出てきます。 何かと言うと、例えば 入れてね、という範囲なんですけど ここからここまで指定しましたよ という範囲度ですね。 例えば、ここに入れて下さいという 範囲ですけど、ここからここまで これが全く同じということは なかなか難しいです。 アバウトで決めましたので。 可能性としては 決めた範囲よりも こちらの方が広い場合 あるいは、決めた範囲よりも こちらのほうが狭い場合 というのがあると思うんですね。 で、今回の場合は決めた範囲よりも どうだったのかというと、ここに出ています。 ソースのコピ―先よりも 短くなってます。 ということは、ソースというのは コピーするこちら側ですね。 ここの範囲がコピー先 要するにシーケンス側ですね。 ここよりも短いということは 範囲がこちらの方が広い シーケンスの方が広いよ、ということですね。 この場合どうやって、挿入したり 上書きしましょうか、ということですけど 「オプション」という所に 選択肢が表示されてます。 1つ目は「範囲に合わせてクリップ速度を 変更」というやつですね。 あと2つが 「シーケンスのインポイントを無視」 「シーケンスのアウトポイントを無視」 という2つがあります。 この「範囲に合わせてクリップ速度を変更」 というのは 範囲が広くても短くても あるいは長くても短くても この同じ範囲、こちらのクリップの 再生速度、合わせて むりやり入れちゃいますよ ということなんですね。 なので、どうしても不自然な 動きになってしまいます。 ですので、これでも構わないという場合 例えば静止画像 あるいは、今回選択している この映像みたいに動かないような クリップなら問題ないですけど そうでない場合は これ選択してから、ちょっと 外した方がいいかな、という感じが しないでもありません。 では、残りの方の2つですけど 「シーケンスのインポイントを無視」 という場合は何なのかというと シーケンスのインポイント 要するに、こちら側の インのポイントですね ここの部分を無視して下さい。 ということは この範囲の映像を入れる時に 頭を無視してお尻から 入る範囲の中に入れて下さいね ということですね。 次に「シーケンスのアウトポイントを無視」 というのは アウトポイント、要するにお尻の部分 ここを無視するということは インの所から、決まっている範囲 この範囲をこの中に入れて下さい。 で、足らなかった部分 これ無視しちゃって下さいということですね。 ではここではデフォルトのまま 「シーケンスのアウトポイントを無視」 という形で ちょっと挿入してみたいと思います。 これで OK ボタン クリックします。 そうすると、ここ お尻の部分を無視した状態で 挿入されています。 ということは 頭から挿入されてますよ ということですね。 ちょっと操作を元に戻してみたいと思います。 Windows の方には Ctrl+Z キー Mac の場合には Command+Z キー を押して、1つ前に戻します。 そうすると、ここですね。 今回、この操作では お尻を無視する、ということは 頭から入れるということでしたので ここが頭の部分ですね、これで OK すると 頭から入っています。 ということになります。 では、もう一回ちょっと戻りまして 選択肢、変えてみましょう。 じゃあインポイントを無視した場合 どうなるのかというと お尻に合わせて挿入することになります。 これで OK ボタンを押すと お尻から必要な部分だけ 挿入しますよ、という形になります。 また、ちょっと元に戻ります。 操作前ですけど もう1つの可能性です。 今は範囲が、挿入する範囲が 広かったですよ、ということですけど 今度は狭かった場合、どうなのか。 こういう風に狭かった場合は この広い範囲をこの中に入れると どうなるんだろうか ということですね。 同じように、またボタンを押してみます。 これで「インサート」ボタン クリックしてみますと 今度は選択肢が増えています。 先程の動画に合わせてクリップの速度を変える というのは同じなんですけど その他に「ソースのインポイントを無視」 「ソースのアウトポイントを無視」 というのが増えています。 その下の 「シーケンスのインポイントを無視」 あるいは 「シーケンスのアウトポイントを無視」 これも同じなんですけど この2つですね、ソースの インポイント、アウトポイントを無視 というのが増えています。 これどういうことかというと ソースのインポイント、アウトポイントを無視 するということは 例えば、こちらの方 入れる方が広くて 入れられる方が狭いわけです。 この場合にソースの方の インポイント、アウトポイントを無視して この中に入れて下さいということは こちらが広くても この幅に合わせて、ちょん切っちゃって いれて下さいということですね。 切る場合に ソースのインポイントを無視というのは インポイント、インのほうですね 頭の部分。 ここを無視して、ということは お尻から必要な範囲だけとって ここの中に、シーケンスの中に 入れて下さいということです。 もう1つの、ソースのアウトポイント これを無視して下さいということは ソースのアウトポイント、こちらですね お尻の方を無視してということは 頭から必要な範囲、ここの範囲ですね。 必要のものを切り取って こちらに入れて下さいということになります。 ちょっと試してみましょうか。 例えば、この 「ソースのアウトポイントを無視」 頭から無視して下さい というのを選択して OK ボタンをクリックします。 そうすると、この範囲が この狭い範囲の中に 切り取って入れられた ということになります。 この様にして4ポイントの場合 色々と選択肢が出てきて その選択によって 挿入される結果が変わってきます。 ですので、どういった結果になるのか というのをきちんと考えて 想像してから実行するようにして下さい。 このレッスンでは AdobePremiereProCC で トリミングを行う際 モニター上で必要な範囲を指定し 更にシーケンスにも挿入の範囲を 指定して挿入する 4ポイント編集について解説いたしました。

Premiere Pro CC アドバンス

このコースは動画編集ソフトをPremiere Pro に切り替えたいと思っている方や、仕事などで動画編集に携わり始めた方などPremiere Pro の基本的な操作方法をすでにマスターした方を対象にしています。コースでは、より便利な編集テクニックやスピーディーなカット編集作業など高度な編集テクニックについて解説していきます。

3時間38分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。