Premiere Pro CC アドバンス

縦位置で動画を出力する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ムービーの出力は、横位置が基本です。これを縦位置で出力するにはどうすれば良いのか、iPhoneで撮影した縦一映像を編集したムービーを、縦一のまま出力する方法を解説します。
講師:
05:40

字幕

このレッスンではスマートフォンで撮影した 縦位置映像データを AdobeIllustrator で編集し その編集結果を縦位置映像のまま 出力する方法について 解説致します。 尚、ここでは iPhone で撮影した 映像データを利用しています。 iPhone で撮影した映像データ これ縦位置なんですけど 縦位置で撮影した映像データを PremierePro で編集したものがあります。 ちょっとご覧下さい。 (鐘の音) この様に縦位置で撮影したもの、 そのまま取り込んで編集し 縦位置のタイトルも付けて、尚且つ トランジション等も設定してあります。 この映像データを縦位置のまま 出力するというのが このレッスンのテーマになります。 まず出力には、出力したい シーケンスを選択します。 シーケンスを選択して 「ファイル」メニューから 「ファイル」メニューの 「書き出し」>「メディア」を選択します。 ここで注意して頂きたいのが 出力時の最もポイントとなるのが 通常、映像データは横位置の状態で 出力されるということですね。 なので、無理に縦位置の映像を 出力しようとすると この様に両サイドに黒い帯 これをピラーボックスというのですけど こういったものが付いてしまって サイズも小さくなってしまうんですね。 ですので、こういった縦位置で 出力する時には、 このピラーボックスが 表示されないように、 縦位置のまま出力するというのが ポイントになってきます。 ここでは選択するのは まず形式になりますけど こういった時には ファイルの元データの情報 そのまま生かした出力するのが 一番ポイントになってきます。 例えば、「H.264」選びます。 そうすると、ここの所 プリセットの所なんですけど ソースの一致 「ソースの一致 - 高速ビットレート」 あるいは 「ソースの一致 - 中速ビットレート」 というのがあるんですけど これを選ぶと、ソースデータ 所謂 映像クリップの持っている 情報をそのまま使って出力することが できるようになります。 ちょっと見てみますと この概要の所なんですけど 「1080 × 1920 (1.0)」 これがですね 横の幅が1080 で縦が 1920 そしてピクセル縦横比が 1.0 要するに正方形ピクセルということですね。 ということで 所謂、縦位置 普通のハイビジョンの映像を そのままに縦にしたような状態で 出力できますよ、という設定になってます。 尚このソースの一致の所に マウスを合わせてると、 この様に バルーンヘルプが表示されます。 この中でソースのプロパティに基づいて 自動的に設定されますという風にあるように ソースデータを使った 出力ができるようになるという ですので、ユーザーが一生懸命 縦位置出力するための設定を作らなくても 自動的に設定してくれる ということになります。 ただ、1つ注意しなきゃ いけない所があります。 出力名の所ですね。 このファイル名なんですけど よく見ると クリップのファイル名の拡張子 mov ですけど その後に .mp4 という 拡張子が付いてます。 これは H.264 の拡張子なんですけど その前に mov というクイックタイム形式の ファイルだということを示す 拡張子まで付いてますので これを修正する必要があります。 まずこの出力名の所 クリックします。 そうすると、どこに保存するのか 保存先聞いてきますので 保存するフォルダーが決まってる場合には そのフォルダーを選べばいいですし なければ適当なフォルダー 選んであげて このファイル名の所 mp4 という .mp4 という拡張子は 削除しなくていいのですけど この mov これだけは削除しておいてあげて ビデオファイルの .mp4 だよというのを 種類を確認して 「保存」ボタンをクリックします。 これでファイル名が .mp4 という1つに集約されました。 あと出力する時なんですけど 「書き出し」ボタンをクリックすると Premiere からダイレクトに 書き出すことができますし 「キュー」ボタン これをクリックしますと 出力設定を、出力専用のプログラム MediaEncoder の方へ 転送して、そちらから 出力できるようになります。 どちらから出力しても 出力結果は同じになります。 このレッスンではスマートフォンで 撮影した縦位置映像データを AdobePremiereProCC で編集し その編集結果を縦位置映像のまま 出力する方法について 解説いたしました。

Premiere Pro CC アドバンス

このコースは動画編集ソフトをPremiere Pro に切り替えたいと思っている方や、仕事などで動画編集に携わり始めた方などPremiere Pro の基本的な操作方法をすでにマスターした方を対象にしています。コースでは、より便利な編集テクニックやスピーディーなカット編集作業など高度な編集テクニックについて解説していきます。

3時間38分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。