Premiere Pro CC アドバンス

調整レイヤーで「Lumetri Looks」を利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クリップ自体にエフェクトを設定する方法のほかに、調整レイヤーを利用し、複数のクリップに同じエフェクトを設定する方法をご紹介します。なお、このセクションでは、カラー補正機能「Lumetri Looks」を調整レイヤーで利用します。
講師:
06:41

字幕

このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の 調整レイヤーの利用方法と Lumetri Looks というエフェクトの使い方を 合わせて解説いたします。 Premiere Pro で エフェクトを設定している時に 複数のクリップに同じエフェクトを 設定したいという時があります。 そのような時には調整レイヤーを使うと とても簡単に複数のクリップに対して 同じエフェクトを設定することができます。 ここではその調整レイヤーの使い方と 同時に合わせて Premiere Pro CC から 新しく搭載された Lumetri Looks という エフェクトの使い方についても ご紹介いたします。 まずエフェクトを設定する クリップですけれども こういうクリップと この船のクリップとですね、 このカモメさんのクリップ、 この二つに対して 同じエフェクトを設定していくという話で すすめていきたいと思います。 まずそれぞれのクリップを トラックに配置します。 船のクリップを ビデオ1トラックに配置します。 次にかもめのクリップを ビデオ2トラックに配置いたします。 これをちょっとトリミングいたします。 こんな感じでトリミングしておきます。 次に調整レイヤーを設定いたします。 調整レイヤーですけれども 調整レイヤーはビンパネルあるいは プロジェクトパネルの右下にある 「新規項目」というボタンを クリックしてください。 そうするとメニューが表示されます。 この中の「調整レイヤー...」というのを 選択いたします。 そうすると「調整レイヤー」の 設定ダイアログが表示されます。 ここで内容を確認して OK ボタンをクリックしてください。 そうするとビンパネルあるいは プロジェクトパネルに 調整レイヤーが登録されます。 この調整レイヤーを 今度はシーケンスのビデオ3、 二つのクリップの上のトラックに 調整レイヤーを配置します。 このように配置して、調整レイヤーは デュレーションが5秒になっていますので これをトリミングいたします。 こんな感じでちょうど 長いクリップと合わせておきます。 次にこの調整レイヤーを選択して 「エフェクトコントロール」パネルを表示します。 この調整レイヤーにも通常のクリップと同様に 3つのデフォルトのエフェクトが 設定されています。 なお再生ヘッドも左端に配置しておきます。 次にエフェクトを この調整レイヤーに設定します。 この調整レイヤーを選択した状態で エフェクトパネルを表示して エフェクトを...一番下に Lumetri Looks という項目があります。 この三角マークを開くと こんなふうにカテゴリーが表示されます。 カテゴリーを開くと 中にエフェクトがあるのですが パネルが小さくて全部見られませんので エフェクトパネルのタブを右クリックして 「フレームを最大化」を選択します。 そうするとエフェクトのパネルが 大きく表示されます。 ここで見ると Lumetri Looks の中に 「スタイル」というのがあります。 スタイルの中には各年代、 昔の映像の雰囲気を持った設定が 登録されています。 このほか「低彩度」というカテゴリーを開くと 彩度の低い設定が登録されています。 さらに「映画」というカテゴリーを開くと セピア調の雰囲気ですとか 様々な映画の画質に合ったような 設定が登録されています。 さらに「色温度」というカテゴリを開くと この中にもデュオトーンですとか 様々な設定が登録されています。 この中から今回は映画の中にある 「セピア」これを利用してみたいと思います。 これをここの場でダブルクリックします。 ダブルクリックしたらですね、 エフェクトのタブを右クリックして 「フレームサイズを戻す」を 選択してください。 そうしますとこの調整レイヤーに 今選んだ Lumetri Looks のセピアが 登録されています。 ではシーケンスの再生ヘッドを 動かしていきます。 調整レイヤーのない所では エフェクトがまだ設定されていません。 これが船のクリップで、 ここがカモメのクリップですね。 この後調整レイヤーの所に入っていきます。 調整レイヤーに入るとこのように まずカモメの所に セピアが設定されています。 さらにこのように船の所にも セピアが設定されています。 このように一つのレイヤーに対して 設定したいエフェクトが 複数のクリップに同時に設定されるというのが この調整レイヤーの大きな特徴です。 また調整レイヤーには エフェクト一つだけではなくて 複数のエフェクトを設定できますので、 より複雑なエフェクト設定を 複数のクリップに適用できる という特徴を持っています。 なおこの調整レイヤーに設定したいエフェクト、 今セピアを使っていますけれども この効果を一時的にオフにしたい場合は それぞれの設定したエフェクトの頭の所にある fx というマーク、これをクリックして オフにすると 設定が一時的にオフになります。 これで設定状態を確認しながら 作業を進めていくことができます。 また調整レイヤーですけれども これは自由にトリミングすることによって 例えばここまでは効果があるけれども ここから先は効果がなくていいよ というような時には トリミングすることによって このように効果を使いわけることができます。 このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の 調整レイヤーの利用方法と Lumetri Looks というエフェクトの使い方を 合わせて解説いたしました。

Premiere Pro CC アドバンス

このコースは動画編集ソフトをPremiere Pro に切り替えたいと思っている方や、仕事などで動画編集に携わり始めた方などPremiere Pro の基本的な操作方法をすでにマスターした方を対象にしています。コースでは、より便利な編集テクニックやスピーディーなカット編集作業など高度な編集テクニックについて解説していきます。

3時間38分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。