Premiere Pro CC アドバンス

YouTubeやFacebook用に出力する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集の終了したプロジェクトを、YouTubeやFacebookにアップロードして公開するためのムービーとして出力するポイントについて紹介します。
講師:
06:09

字幕

このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC で 編集したプロジェクトを YouTube や Facebook などにアップロードする ファイルとして出力する際の ポイントについて解説致します。 Premiere Pro で編集したプロジェクトを YouTube や Facebook で 公開するためのムービーとして 出力する場合の ポイントについて解説したいと思います。 まず出力する際に確認して おかなければいけないのは アップロード先のサイトが アップロードするための 動画ファイルの形式を指定しているか 指定していないかを まず確認しておく必要があります。 サイトがこの形式でアップロードしてくれ という風に指定している場合には 当然そのファイル形式に適応した 形式で出力しなければなりません。 しかし指定が無い場合は、 できるだけ高画質で出力したものを アップロードするようにします。 例えば YouTube ですとか Facebook などはそうですが、 特に YouTube では以前は ファイル形式の指定がされていたのですが 現在はファイルの形式の指定がありません。 ですので、できる限り高画質で出力して ダウンコンバートの方は YouTube に任せてやってもらうと 公開された時に 限りなく高画質な状態で 公開することができます。 では見てみましょう。例えば 現在編集中、 編集は終わりましたという 形で進めていくのですが、 これを YouTube で アップロードしたい時に どのような形式で出力するかですが 出力する時には シーケンスをまず選択して 「ファイル」>「書き出し」>「メディア」を 選択します。 すると書き出し設定という ダイアログが表示されます。 ここで設定していくのですが、 例えば YouTube の場合 限りなく高画質で出力して アップロードしたいという場合は 現在フルハイビジョンの 映像を編集しているのであれば オススメの形式は「H.264」です。 これを選択して、次にプリセットですが、 実は Premiere Pro にはYouTube 用の プリセットが登録されています。 それを見てみましょう。 プリセットのボタンをクリックすると プリセット一覧が表示されます。 これのずっと下の方です。 下向き矢印をクリックしていると Android のスマホとか、 Apple 系のものが出た後で、 このように出てきます。 YouTube の形式ですね。 HD、ハイビジョン形式で出力しましょう。 この中で一番高画質なのが、 「YouTube HD 1080p 29.97」 というやつです。 この他に「SD」、 これは標準形式で 例えば 4:3 のムービーを 作った場合には こちらの SD を選びます。この他 「Vimeo」という YouTube とよく似た 動画配信サイトなのですが こちらの方にアップロードする時には この中からです。 YouTube にアップロードしたい場合は、 一番高画質を選びます。 これを選択すると、 概要を見てみましょう。概要を見ると フレームのサイズが 1920×1080 フルハイビジョンのサイズですね。 ピクセル縦横比が 1.0 フレームレートが 29.97 そのままフルハイビジョンの 形式で出力できます。 この中で特徴的なのが、 この「2 パス」というやつです。 これは映像データを圧縮して ファイル出力する際に どこをどのように圧縮するのか、 というのを検出するですが その時に1 回目の検出で、まずどの辺りを どのくらいな状態で圧縮するか、 2 回目の検出でそれに応じて 圧縮していくという方法があるのですが その場合、2 回検出作業を行うために 出力には倍の時間が掛かるんです。 そのために 2 パスを避けて 「1 パス」という、 1 回目の検出で圧縮して 出力する方法もあるのですが この方法は 2 パス、要するに丁寧に 圧縮して高画質で出力しようという 設定になっています。 そのために多少時間は掛かるのですが より高画質な形で出力することができます。 こういったファイル出力の場合は なるべく高画質で出力することを オススメしていますが、1 つには 高画質で出力したものは ダウンコンバートによって低画質に 変更できるのですが 逆に低画質で出力したものは 高画質にすることはできませんので やはり出力する時には高画質で 出力することを念頭に置いてください。 設定ができたら 書き出しボタンをクリックすると Premiere の中から出力できますし またいくつかファイルをまとめて 他のプロジェクトも出力したいという時には この「キュー」を選択して 設定を Media Encoder に送って 後からまとめて出力するということも 可能になります。 とりあえずキャンセルを押しておきます。 このように出力形式を設定していきます。 このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC で 編集したプロジェクトを YouTube や Facebook などにアップロードする ファイルとして出力する際の ポイントについて解説いたしました。

Premiere Pro CC アドバンス

このコースは動画編集ソフトをPremiere Pro に切り替えたいと思っている方や、仕事などで動画編集に携わり始めた方などPremiere Pro の基本的な操作方法をすでにマスターした方を対象にしています。コースでは、より便利な編集テクニックやスピーディーなカット編集作業など高度な編集テクニックについて解説していきます。

3時間38分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。