PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

クイックアクセスツールバーの瞬速技

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「クイックアクセスツールバー」は、その名のとおり「素早くツールにアクセス」するためのもの。クイックアクセスツールバーを効果的に使う裏技をご紹介します。
講師:
11:36

字幕

クイックアクセスツールバーはその名の通り 素早くツールにアクセスするためのものです このレッスンでは クイックアクセスツールバーを効果的に使う 裏技をご紹介します カスタマイズするのは リボンと クイックアクセスツールバーの部分です ちなみに 今表示されているのが 私が使っているリボンと クイックアクセスツールバーの 設定になっています このように こちらですね 上にいわゆるリボンですね 色んなコマンドが配置してあるメニューですね リボンが上に配置してあります そして 下に これですねここが クイックアクセスツールバーなんですね ここには数多くのコマンドが 登録されています このように クイックアクセスツールバーには よく使うコマンドをできるだけ多く登録します このようにクイックアクセスツールバーを 使うことで スライドに近いところから使いたいコマンドを ダイレクトに選べるようになります その分 コマンドを選ぶクリックの回数が減り コマンドを探すことに気を取られないため 制作効率が大幅にアップします では 実際にやってみましょう Esc でスライドショーを終了させます PowerPoint の初期の設定では 皆さんこうなっているはずなんですね ここにクイックアクセスツールバーが あります コマンドがちょっとだけ並んでいますね そして その下にリボンが配置されています こんな感じになっていると思います これをカスタマイズしていきます まず 「ファイル」タブをクリックします その中から「オプション」を選んで クリックします すると PowerPoint の オプションダイアログが表示されます 今回はクイックアクセスツールバーを中心に カスタマイズしていきたいと思いますので こちらの「クイックアクセスツールバー」を クリックで選びます この左側のボックスですね ここには色んなコマンドが並んでいますが ここからこの右のボックスに追加していきます では 実際にやってみますね 例えば 今基本的なコマンドというのが 出ていますが 「挿入タブ」というところを 選んでみますね その中で例えば 「 SmartArt グラフィックの挿入」 これもよく使いますので追加します 後は「オーディオの挿入」こちらも追加します 「オンライン画像」 これはクリップアートですね じゃあ「オンライン画像」を追加します そして「グラフ」も追加します 「このコンピューター上のビデオ」 これも追加しましょう 「ハイパーリンクの追加」 これも追加してみますね 「ワードアートの挿入」 これも追加しましょう 「図形」も追加しましょうね こんな風に よく使いそうな もしくはよく使うもの 「表」とかもそうですね こういうものをこちらのボックスから 選んで右のボックスへ追加していきます 他のタブも見てみますね 「表示」タブ見てみましょうか 「グリッドの設定」 こちらも追加してみましょう 「ノート表示」 追加してみましょうか こんな感じでどんどん追加していくんですね 今どうなっているかというと ちょっと見てみます これで「OK」します すると こちら増えましたね コマンドが こんな風にどんどん登録されていくんですね では もう1度やってみますね 「ファイル」から「オプション」を選んで 「クイックアクセスツールバー」ですね 逆に削除もできます 例えば 「上書き保存」 これは Ctrl+S でできますので これは「削除」しておきます 「元に戻す」これも Ctrl+Z で できますので 「削除」しましょう これはスライドショーを「先頭から開始」 これもF5キーでできるので 「削除」します こんな感じで削除したり もしくは 例えば 「図形」なんかはよく使うので 上のほうに上げておきますとか こういう風に順番の入れ替えができます こんな感じですね このように よく使うコマンドを たくさん登録していく そして 順番もよく使いそうなものを 上のほうに上げていくということをします さらに ここでもう1つ こちら「クイックアクセスツールバーを リボンの下に表示する」 というところがありますので ここをチェック入れてください すると リボンの下に クイックアクセスツールバーが 配置されますので スライドに近い部分ですね スライドに近いところから 操作しやすくなります これで一度「OK」してみましょうね こんな感じになりました リボンの下に クイックアクセスツールバーが来ています 削除したものや順番入れ替えたものが こういうふうに並びますね では このように色々と登録していくのも いいんですが もう1度ちょっと「オプション」開きますね 実は この クイックアクセスツールバーなんですが すでに設定してあるデータを ファイルに書き出して 他の PowerPoint にインポートを 設定することもできます 実際私が使っている リボンと クイックアクセスツールバーの設定を ファイルに入れておりますので それをこちらにインポートしたいと思います インポートの仕方はこちらですね 「インポート/エクスポート」 というボタンを押します 「ユーザー設定ファイルをインポート」を 選びます そこで プロジェクトファイルのほうに 「 PowerPoint2013 Customizations. exportedUI 」という ファイルがあります これがエクスポートしたデータの 設定ファイルなんですね これを選びますね これを選んで 開きます アラートが出ます 「このプログラムの既存のリボンと クイックアクセスツールバーのユーザー設定を すべて置き換えますか」 「はい」を押してください これで「OK」を押すと はい こうなりました 今私が使っているリボンと クイックアクセスツールバーが 皆さんもお使いいただけます 画面の表示の幅によっては クイックアクセスツールバーが すべて表示されないですが こちらのボタンから 表示させることができます こんな感じですね では スライドショーにいきますね クイックアクセスツールバーなんですが それがクイックアクセスと言われるのは ショートカットキーで コマンドを実行できるからです Alt キーを押すと クイックアクセスツールバーとリボンに 数字と英字が表示されます こんな感じですね こんな風に出ます そして Alt キーを押したまま コマンドに該当する数字を入力すると そのコマンドが実行されるんですね Alt キー+1とか2とか3とかですね それでクイックにアクセスができる ということですね さて ここで1つポイントです 実際 Alt キーと数字キーを押して クイックに操作ができるのは 数字の1〜9の辺りくらいまでです この辺りが操作しやすいところなんですね そこで頻繁に使うコマンドを 1〜9の辺りに割り当てるように クイックアクセスツールバーの左側に 配置していきます 具体的には 書式設定と整列関係のコマンド それでは 実際に操作しながら解説してみます Esc でスライドショーを終わらせます 私のクイックアクセスツールバーなんですが 一番左に「図形の書式設定」があります そして そこからこの辺りが整列関係の コマンドなんですね 例えば 文字を入力しますよね これを スライドの中心に並べたい時はどうするか 要するにこことこれですね オブジェクトを左右の「中央に揃える」と 「オブジェクトを上下中央に揃える」 というのを押せばいいんですが クリックするよりも ショートカットでやったほうが早いですね 例えば テキストボックスを選んだ状態で Alt+2 Alt+3 と押すと 真ん中にきます 例えば こういう図形を描いて これをスライドの上と左に揃えたい時は どうするかというと Alt を押して 4 5と押すと上にいきます こんな風に整列させる関係のコマンドを 簡単に使えるように設定しています さらに この文字やこういうものを 書式設定するのは Alt+1 を押せば このようにウィンドウが出てきます そこで様々な変化をつけることができます こんな感じですね こういう感じで変えられます こういう風にクイックアクセスツールバーの ショートカットを使うと非常に便利になります では スライドショーに戻りますね クイックアクセスツールバーは マウスでの操作以外に ショートカットキーでも操作できます よく使うコマンドを 使いやすいショートカットに割り当てて 積極的に使ってみましょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。