PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

目的のフォントを素早く設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フォントがたくさん入っていると、使いたいフォントを探すのに手間がかかります。そんなときは、フォントの「ボックス」にフォント名の一部を打ち込んでみましょう。
講師:
03:42

字幕

フォントがたくさん入っていると 使いたいフォントを探すのに手間がかかります そんな時はフォントのボックスに フォント名の一部を打ち込んでみましょう このレッスンではフォントをすばやく 設定する方法をレクチャーします PCにインストールされているフォントが 多いとずらずらとフォントが表示されて 目的のフォントを探すのに 手間取ってしまいます そんな時はフォントの名前 フォント名の― 一部をフォントのボックスに 打ち込んでみましょう ここですね こんなふうに頭文字を 幾つか打ち込むと 目的のフォントにたどり着きやすくなります では実際にやってみましょう こちらのスライドでやってみます ESC でスライドに戻ります 今「 Times New Roman 」 と書いてあります この文字は今は Arial というフォント になっています これを Times New Roman に 変えるのですけれど Times というのは T なので 結構下の方にあります S T ここですね ここにあります ですので この選択肢から探していくのは 時間がかかります ですので Times New Roman に 変えようと思ったら このボックスをクリックして そのまま 「 Ti 」と打っただけで 「 Times New Roman 」が表示されます これで ENTER を押すと 設定されます フォントが変わりました 簡単です では他の文字にも変えてみます 例えば Corbel  というフォントがあります そこの頭の文字 「 Cor 」と打つと 「 Corbel 」というのが もう既にここに表示されています これで ENTER を押すと フォントが Corbel に変わります こんなふうにすると いちいちここから こういうふうにたどっていかなくても フォントを探すことができます ではもう1つやります ここのフォントの ボックスを クリックして 次は Meiryo UI という フォントに変わります では「Mei」と打ったら もうでていますね 「 Meiryo UI 」 でたら ENTER です 押すと変わります 非常に簡単です このほうが断然早いですね ですので使うフォントの名前が しっかりとわかっている場合は ここにその頭の文字を打ち込んでいく というやり方が速くフォントを設定する― 裏技になります ではスライドショーに戻ります このレッスンではボックスにフォントの 頭の文字を打ち込んで フォントを素早く探す方法を学びました フォントを使う時に どのフォントにしようかと 悩みながら探していては 時間もかかりますし いろんなフォントが混在して 統一感のないスライドになってしまいます そのプレゼンテーションで使うフォントは しっかりと目的をもって探しましょう 使うフォントはプレゼンのタイプに合わせて 決めておくと良いでしょう

PowerPoint 2013 プロが使う快速・便利テクニック

このコースでは、プレゼンのプロが使っているPowerPointのショートカットテクニックやプレゼンのおもしろみを高めるさまざまな手法を紹介します。パネルディスカッションを取り入れたプレゼン方法や発表者ツールや拡大鏡を駆使したプレゼン、いろいろなアニメーション効果などについて解説します。

3時間03分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。